×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和元年5月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P077847

令和元年7月1日(月曜日)

ページID
P077847

令和元年5月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和元年7月1日(月曜日)

 

5月の相談受付状況 

1 総受付件数 177件 (前月比36件増)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

65件

・スマートフォンに、有料サイトの未納料金があるので連絡するようにというショートメッセージが届いたが、身に覚えがない。

・「民事訴訟最終通知書」、「特定消費料金未納に関する訴訟最終告知のお知らせ」などの架空請求のハガキが届いたが身に覚えがない。どうしたらいいか。

・注文した覚えのない宅配便が海外から届いた。

2位

通信トラブル(デジタルコンテンツ)

15件

・インターネットで、情報商材や出会い系サイトと契約し、クレジット決済したが、解約したい。

・インターネット通販で化粧品が特別価格だったので、申し込んだところ定期購入で2回目は通常価格で送られてきた。解約したいと思っても電話が繋がらない。

3位

金融関連サービス

8件

・申し込んだ覚えのないクレジットカードが届いた。解約したい。

・利用していないクレジットカードの年会費を請求された。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

  5月は、60歳代以上の高齢者の方からの相談が6割以上を占め、かつ女性からの相談が6割だった。

 相談 

  

4 気をつけましょう!!

★ハガキやスマートフォンのショートメッセージによる架空請求に関する相談が後を絶ちません。身に覚えのない場合は、相手に連絡を取る前にご相談ください。

★インターネット通販による契約トラブルや健康食品や化粧品などの解約についてのトラブルが増えています。申し込む前に必ず規約や業者の連絡先を確認しておきましょう。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る