×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 2月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P075596

平成31年4月1日(月曜日)

ページID
P075596

2月の消費生活相談受付状況をお知らせします

平成31年4月1日(月曜日)

2月の相談受付状況

1 総受付件数 127件 (前月比24件増)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件 数          

事 例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

11件   

・スマートフォンに、大手運送会社から「不在通知」の題でショートメッセージが届き、身に覚えがないので電話をしたがつながらない。

・宅配便で注文していない荷物が届き受け取ってしまったが開封していない。どうしたらよいか。

2位

通信トラブル(デジタルコンテンツ)

10件      

・パソコンに警告表示が出たので、クレジットカード払いでセキュリティソフトの契約をしたが解約したい。

・スマートフォンに、大手通販会社をかたり、会員登録の未納があるとショートメッセージが届き、電話をかけたら高額な料金を請求された。

3位

インターネット接続回線(光回線)

9件

・電話会社の代理店から「固定電話が緊急時には使えないから変更する」と言われ承諾した、解約したい。

・電話で「光回線を変更すると、ネットの料金がやすくなる」と勧誘され、契約したが、届いた書面の内容がよくわからない。元にもどしたい。

3位

フリーローン・サラ金

9件

・家族が入院した時に、消費者金融から多額の借金があることがわかった。どうすればいいか。

・銀行ローン、消費者金融などから借り入れがあるが、返済ができなくなったので債務整理したい。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

2月は、40歳代からの相談が一番多く、次いで70歳代からの相談が多かった。男女比は男性が約6割だった。

 2月

      

4 気をつけましょう!!

★昨年急増したハガキによる架空請求に関する相談は減ってきましたが、スマートフォンのショートメッセージによる架空請求の相談は減りません。身に覚えのない場合は、連絡を取らないで、ご相談ください。

★光回線が今より安くなると勧誘されて光コラボ事業者と契約したが、オプションサービスとセット契約だったため、安くならないとのトラブルもあります。勧誘されてもすぐに返事をせず、契約内容を確認しましょう。必要ないと思った場合きっぱり断りましょう。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る