×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 12月の相談受付状況をお知らせします
ページID
P073945

平成31年1月18日(金曜日)

ページID
P073945

12月の相談受付状況をお知らせします

平成31年1月18日(金曜日)

12月の相談受付状況 

1 総受付件数 125件 (前月比30件減)

2 多い相談内容 

相談内容

件数                                    

事  例

1位

通信トラブル

(デジタルコンテンツ)

19 件    

・パソコンに警告表示が出たので、クレジットカード払いでセキュリティソフトの契約をしたが解約したい。

・スマートフォンに、大手通販会社をかたり、会員登録の未納があるとショートメッセージが届き、電話をかけたら高額な料金を請求された。

2位

商品一般(商品の特定ができないもの)

11 件

・宅配便で注文していない荷物が届き受け取ってしまったが開封していない。どうしたらよいか。

・スマートフォンに、大手運送会社名で「不在通知」の題でショートメッセージが届き、身に覚えがないので電話をしたがつながらない。

3位

役務その他サービス(火災保険申請代行)

  7件

・火災保険を使って住宅の修繕ができると業者が訪ねてきて保険会社に保険金の申請をしてもらっているが信用できるか。

・損害保険金を利用して災害で壊れた雨どいの修理ができるので、災害調査をしないかと業者が来訪したが不審だ。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

 12月も、60歳代からの相談が一番多く、次いで50歳代からの相談が多かった。

 60歳代以上の高齢者からの相談は約半数で、男女比は男性がやや多かった。

 相談       

4 気をつけましょう!!

★来訪した業者に「家屋で壊れたところはないか。損害保険で負担なく修理できる。」と言われたが不審であるとの相談が増えました。住宅修理とは別に、保険金を請求する手続きをサポートするという契約をさせられ、その手数料を請求される場合もあります。修理の必要性や契約内容を十分に確認し、家族や周りの人にも相談しましょう。

★光回線料金が今より安くなると勧誘されて光コラボ事業者と契約したが、オプションサービスとセット契約だったため、安くならないとのトラブルもあります。勧誘されてもすぐに返事をせず、契約内容を確認しましょう。必要ないと思った場合はきっぱり断りましょう。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る