×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 9月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P063293

平成29年10月5日(木曜日)

ページID
P063293

9月の消費生活相談受付状況をお知らせします

平成29年10月5日(木曜日)

 

9月の相談受付状況

1 総受付件数 119件 (前月比27件増)

2 多い相談内容 

 

相談内容

件数

事 例

1位

通信トラブル

16件

・半年前、1か月無料の映画配信サービスを申し込んだら、継続して有料契約になっていた。支払った料金を返金してほしい。

・スマートフォンで副業を検索し、お金をもらえるというサイトに登録したら、クレジットカード決済で次々にポイントを買わされた。カード決済を取り消してほしい。

1位

役務その他

16件

・調査員が自然災害の調査をして、火災保険の申請代行をするという電話がかかってきたが信用できるか。

・スマートフォンのアダルトサイトでワンクリック請求に遭い、弁護士に個人情報の削除を依頼したが、解約したい。

2位

融資

9件

・9年前借り入れした消費者金融への返済が滞り、債権回収業者からの請求を無視していたら、突然この業者が来訪した。どうしたらよいか。

・婚姻中に夫から頼まれて契約したカードローンについて、夫が滞納した場合、自分が支払うことになるのか。

3 相談者(契約者)の年齢構成

  9月は、60歳代、70歳代からの相談が多かった。

  今月も60歳代以上の高齢者からの相談が約半数を占めた。男女比は男性がやや多かった。

 相談者

                                  

4 気をつけましょう!!

★「保険金が使える」と住宅修理サービスのトラブルに関する相談が増えています。安易に契約しないで、保険会社に保険金を請求する際は、必ず消費者自身が事実に基づいて請求しましょう。

★スマートフォンや携帯電話に、実在する事業者名で「有料サイト料金が未納になっている。」とショートメッセージが届いたが身に覚えがないという架空請求に関する相談も減りません。身に覚えがなければ相手に連絡はしないでください。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る