×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 8月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P062527

平成29年9月5日(火曜日)

ページID
P062527

8月の消費生活相談受付状況をお知らせします

平成29年9月5日(火曜日)

 

8月の相談受付状況

1 総受付件数 92件 (前月比19件減)

2 多い相談内容 

 

相談内容

件数

事例

1位

通信トラブル

13件

・携帯電話に、有料サイト料金が未納なのでコンビニでギフトカードを購入するよう弁護士名でメールが届いたが身に覚えがない。

・パソコンに届いたメールを見て、2万円で1000万円稼げるという情報商材を申込み、クレジットカードで決済したが解約したい。

2位

インターネット接続回線

10件

・通信料金が今より安くなるので、光回線の事業者を変更しないかと電話がかかってきたが信用できるか。

・光回線を申し込んだが通信スピードが遅い。業者からは、環境により遅くなる場合もあると言われたが解約して元に戻したい。

3位

商品一般(商品の特定ができないもの)

6件

・スマートフォンに、私に高額な払い込みをするというメールが届き、名前と振込口座を教えてしまったが、口座が悪用されないか。

・知人がクレジットカードのリボ払いで次々に買い物をしているが、病気で入院し支払いが苦しいという。どうしたらよいか。

3 相談者(契約者)の年齢構成

 8月は、50歳代、60歳代、80歳代からの相談が多く、80歳代からの相談の割合が増えたことが特徴的だった。今月も先月同様60歳代以上の高齢者の相談の割合は約半数だった。男女比はほぼ同数だった。

相談

                                  

4 気をつけましょう!!

★「電話料金が安くなるので、光回線の通信会社を変更しないかと電話がかかってきて乗換えをしたが料金が安くならないので元に戻したい。」など光回線の乗換え、転用に関する相談がまた増加しています。契約は慎重にしましょう。

★スマートフォンや携帯電話に、実在する事業者名で「有料サイト料金が未納になっている。」とショートメッセージが届いたが身に覚えがないという架空請求に関する相談も減りません。身に覚えがなければ相手に連絡はしないでください。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る