×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 1月の相談受付状況をお知らせします
ページID
P058092

平成29年2月7日(火曜日)

ページID
P058092

1月の相談受付状況をお知らせします

平成29年2月7日(火曜日)

1月の相談受付状況

1 総受付件数  113件 (前月比5件増)

2 多い相談内容 

 

相談内容

件数

事例

1位

通信トラブル

27件

・スマートフォンの広告を見て、副業サイトに登録し、報酬を受け取るためにクレジットカード決済で支払いをした。だまされたと思うので返金してほしい。

・携帯電話に、「有料動画の閲覧履歴がある。本日中に連絡しないと法的手続きに移行する。」とショートメッセージが届いたが身に覚えがない。どうしたらよいか。  

2位

融資

8件

・1年前に作ったクレジットカードの支払方法がリボ払いになっていた。手数料が高いので一括で返済したい。

・病気のため失業し、消費者金融からの借入れの返済ができない。債務整理したい。

2位

インターネット接続回線

(光回線等)

8件

・1年3ヶ月前、母が店舗に出向き光回線の転用契約をした時、複数の不要なオプション契約をさせられた。解約するが違約金は払いたくない。

・大手電話会社を名乗り、家の中の配線工事をすると電話がかかってきたので承諾したが、よく考えたら信用できないので断りたい。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

 1月も50歳代からの相談が一番多く、次いで40歳代からの相談が多かった。高齢者からの相談は減少したが、働き盛りの年代の相談が先月に引き続き増加した。男女比は女性が6割だった。

相談

    

4 気をつけましょう!!

★スマートフォンや携帯電話に、「有料動画の閲覧履歴があり料金が未納になっている。」とショートメッセージが届いたが、身に覚えがないなどの架空請求に関する相談が減りません。身に覚えがなければ相手には連絡しないでください。 

★平成28年12月1日から、新しい洗濯表示がついた衣料品等の販売が始まりました。記号の種類も22種類から41種類に増え、繊維製品の取り扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになりました。新しい表示を覚えて、大切な衣類等を正しくお手入れしましょう。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る