×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 10月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P055887

平成28年11月2日(水曜日)

ページID
P055887

10月の消費生活相談受付状況をお知らせします

平成28年11月2日(水曜日)

10月の相談受付状況

1 総受付件数  124件 (前月と同数)

2 多い相談内容 

 

相談内容

件数

事例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

18件

・債務不履行で訴状申請がされたとのハガキが届いたが身に覚えがない。

・覚えのない業者から、マイナンバーを提出するようにとの書面が届いたが信用できない。  

2位

通信トラブル

15件

・スマートフォンでアダルトサイトに登録になってしまい、登録料をコンビニで15万円の電子ギフトカード買って支払った。だまされたのか。

・スマートフォンに、「有料動画の閲覧履歴がある。連絡するように」とのショートメッセージが届いたが覚えがない。

3位

インターネット接続回線

11件

・昨夜、現在契約している光回線事業者をかたり、電話料金が安くなるので転用番号を登録するようにと電話がかかってきたが信用できるか。

・3日前、大手電話会社の光回線工事が無料だと電話があり承諾したが、必要ないので解約したい。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

 10月も70歳代からの相談が一番多く、次いで50歳代からの相談が多かった。

全体では60歳代以上の相談が半数を占めた。男女比は女性が6割だった。

相談

4 気をつけましょう!!

★架空請求のハガキが届いたという相談が一時的に急増しました。身に覚えがなければ連絡はしないでください。 

★インターネット通販で商品を注文し代金を先払いしたが、商品が届かずサイトと連絡が取れなくなったとの相談も複数ありました。申し込みの際は、信用できるサイトかどうかよく確認して申し込みましょう。

★国民生活センターや市役所をかたって個人情報を聞き出そうとする不審な電話がかかってきたという相談もありました。不審な電話には注意してください。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

  

 

     

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る