×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 8月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P054385

平成28年9月5日(月曜日)

ページID
P054385

8月の消費生活相談受付状況をお知らせします

平成28年9月5日(月曜日)

8月の相談受付状況

1 総受付件数  110件 (前月比9件減)

2 多い相談内容 

 

相談内容

件数

事例

1位

通信トラブル

27件

・スマートフォンに、映画配信サービスを退会するようメールが届き、個人情報を記入して返信したら高額な請求を受けた。

・タブレットでアダルトサイトに登録になってしまった。退会の電話をかけてすぐに切ったが、登録画面が消えない。  

2位

商品一般(商品の特定ができないもの)

8件

・スマートフォンに、「重要なお知らせ」との題で、還元金について「詳細は添付のURLを開くように」とのメールが何度も届くが、まったく覚えがない。

・公的機関をかたり、「あなたの個人情報が流出しているので削除したが、1社だけ消せなかった。」と不審な電話がかかってきた。

2位

融資

8件

・息子の自動車ローンの保証人になっているが、息子が延滞しているため自分宛に支払通知がきた。支払わなくてはならないか。

・現在行方不明の夫が、消費者金融から多額の借金をしていたことがわかった。どうしたらよいか。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

 7月は60歳代からの相談が一番多かった。70歳代からの相談は減少し、40歳代からの相談が増加した。 男女比は女性がやや多かった。

 相談    

4 気をつけましょう!!

★携帯電話やスマートフォンに、「迷惑メールが大量に届いた」「架空請求メールが届いた」など「不審なメール」に関する相談が急増しました。このようなメールを受け取っても絶対に返信しないようにしましょう。あらかじめフィルタリングを設定しておくことが大切です。

★市役所職員をかたり、「『医療費の還付金がある。近くのATMに行ってほしい。』などと電話がかかってきた」という還付金詐欺に関する相談が多くなっています。不審な電話には注意してください。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会などへの紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る