×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 5月の相談受付状況についてお知らせします
ページID
P052518

平成28年6月7日(火曜日)

ページID
P052518

5月の相談受付状況についてお知らせします

平成28年6月7日(火曜日)

5月の相談受付状況

1 総受付件数  126件 (前月比4件減)

2 多い相談内容 

 

相談内容

件数

事例

1位

通信トラブル

23件

・パソコンにアダルトサイトの料金請求画面が張り付いてしまったので、復元しようとしたが復元できない。

・携帯電話に「有料動画サイトの利用履歴があるので本日中に電話をするように」とショートメッセージが届いたが身に覚えがない。  

2位

インターネット接続回線

11件

・1週間前、通信会社の代理店が「IP電話にすれば通話料が安くなる」と来訪し、光回線の契約をしたが解約したい。

・2日前、古い電話線を交換すると来訪した業者の話を信用して契約したら、新たな光回線の契約だった。解約したい。

3位

融資

 9件

・8年前に消費者金融から借入れし返済中だが、なかなか元金が減らない。過払い金の返還請求はできるか。

・昨年、知人が車を購入する際に名義を貸し、自分がローンを組んだ。知人から今月分が払えないと言われたがどうしたらよいか。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

 5月は60代からの相談が一番多く、次いで40代と70代の相談が多かった。

 男女比では男性からの相談がやや多かった。

  相談                

4 気をつけましょう!!

★「光回線の工事をすると電話料金が安くなる」などと通信会社の代理店が突然訪問してきたというインターネット接続回線に関する相談が多くなっています。サービスの内容がわからない場合は、すぐに契約しないようにしましょう。

★5月21日施行の改正電気通信事業法令により、利用者は契約書面受領後等から8日間は相手方の合意なく契約解除できる「初期契約解除制度」など電気通信サービスの新たな消費者保護ルールが導入されました。契約に不安を感じたら早めに消費生活センターに相談しましょう。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る