Loading

×
閉じる

ページID
P084375

令和2年3月26日(木曜日)

ページID
P084375

日立市郷土博物館研究員(歴史、埋蔵文化財、民俗)(会計年度任用職員)を募集します

令和2年3月26日(木曜日)

日立市郷土博物館研究員(歴史、埋蔵文化財、民俗)(会計年度任用職員)を募集します

課所名

郷土博物館

職種

郷土博物館研究員(歴史、埋蔵文化財、民俗)(会計年度任用職員)

業務内容

主に各分野の学芸業務。

・歴史

・考古(埋蔵文化財行政を含む)

・民俗

【共通業務】

展示・企画実施、分野研究及び資料収集整理、講座企画・講師、レファレンス、館発行物及び外部依頼原稿、イベント企画・対応など

【分野別業務】

(1)歴史:資料及び行政文書の保存選定、自主グループの活動支援

(2)埋蔵文化財保存指導・調査・相談

(3)民俗:民俗文化財及び郷土芸能の保存・活用・指定等に関すること

勤務場所

日立市郷土博物館

任用期間

令和2年5月1日から令和3年3月31日まで

勤務日

日曜日から土曜日までのうち、郷土博物館長が定めた週4日

土日、祝日勤務有り

勤務時間

原則として午前8時30分から午後4時45分まで

ただし、うち1日は午前8時30分から午後4時55分まで

(休憩時間 1時間)

募集人数

2名

(歴史、埋蔵文化財、民俗の各分野でいずれか2人 ※各1人)

報酬等

月額191,423円(予定)

期末手当支給あり

通勤に係る費用(※市規定による)

年次休暇有(※市規定による)

社会保険等

適用あり

応募資格

次のいずれにも該当する人

(1)学校教育法に定める大学(短期大学を除く)又は大学院において、日本史又は考古学もしくは民俗学を専攻し、卒業又は修了した人(卒業又は修了見込みを含む)。

もしくは、埋蔵文化財発掘調査員として3年以上の経験を有する人。

もしくは、郷土芸能の保存活用に関する実践活動を5年以上経験した人。

(2)普通自動車免許を有する人

(3)パソコン操作(word、excelほか)ができる人

※学芸員資格があればなお良い(有する見込みを含む)。

申込方法

(1)「日立市会計年度任用職員申込書(履歴書)」(両面印刷、写真添付)

※写真は6か月以内に撮影したもので、上半身、脱帽、正面向きのもの

(2)研究業績書(論文・報告書、あるいは発掘調査又は郷土芸能の保存活用に関する実践活動経歴書等。様式自由)

(3)専攻分野の論文要旨又は卒業論文の要旨(1,000字程度)

※論文が無い場合は、これまで発掘調査に携わった感想文あるいはこれまでの郷土芸能の保存活用に関する実践活動の感想文でも可

(1)~(3)を日立市郷土博物館に令和2年4月17日(金曜日)までに郵送または直接持参。

選考方法

書類審査、面接。

実施日時は個別に連絡します。

会場:日立市郷土博物館(日立市宮田町5‐2-22)

選考結果発表

合否については、面接後1週間以内に郵便で通知(発送)します。

出願・問い合わせ先

日立市郷土博物館

〒317-0055 茨城県日立市宮田町5-2-22

電話 0294-23-3231 IP電話 050-5528-4923

その他

会計年度任用職員は地方公務員法に基づく非常勤職員です。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会郷土博物館

0294-23-3231
050-5528-4923
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-23-3230
hakubutsukan@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市宮田町5-2-22

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。