Loading

×
閉じる

ページID
P037303

平成26年9月12日(金曜日)

ページID
P037303

「末広町1丁目地区の公共施設再整備計画」についてお知らせします

平成26年9月12日(金曜日)

日立市では、平成23年3月の東日本大震災による被災をきっかけとして、老朽化や耐震性、機能等の面から、市全体の公共施設のあり方についての見直しを進めており、とりわけ、災害への備えの要となる防災機能を担う庁舎や消防署、避難所等については、一日も早い対応が必要と考えています。

末広町1丁目地区には、昭和40年から50年代にかけて建てられた施設が多く、特に、多賀消防署については、耐震性の問題ばかりでなく、周辺の道路交通状況の変化から、緊急出場にも支障をきたしているといった状況があり、全体の消防署配置計画の中で、現在地近辺に移転先を確保し、整備を進めなければならない状況にあります。

そのため、市では、末広町1丁目地区の公共施設の再配置・再整備計画を策定し、8月27日に多賀市民プラザにおいて説明会を開催しましたので、その内容等についてお知らせします。

今後、その他の公共施設につきましても、機能強化と統廃合を基本に、順次見直しを進めていく考えです。

1 地区内の公共施設の再配置・再整備方針

(1)多賀消防署については、おおくぼ児童公園の一部と「すえひろ老人の家」を解体した跡地に移転改築します。

(2)おおくぼ児童公園については、「すえひろ児童館」を解体した跡地と現在の多賀消防署を解体した跡地の2か所に整備をし直します。多賀消防署の跡地に新しく整備する公園については、地区のシンボルとなる公園にする予定です。

(3)解体する「すえひろ老人の家」と「すえひろ児童館」については、周辺の公共施設にそれぞれの機能の一部を移転し、必要な機能の維持に努めます。

(4)多賀図書館については、耐震補強を実施し、有効活用を図ります。

(5)おおくぼ保育園については、多賀地区の中心的な子育て施設として再整備を図り、あわせて子育て支援機能も整備する予定です。

2 今後のスケジュール

26

・新多賀消防署基本・実施設計委託

・多賀図書館耐震設計委託・耐震補強工事

・おおくぼ児童公園等設計委託

・おおくぼ児童公園の都市計画変更に伴う都市計画審議会の開催(2月)

27

・すえひろ老人の家・すえひろ児童館解体

・新多賀消防署建設工事着手(平成27~28年度継続事業)

・おおくぼ児童公園整備工事

(現在の多賀消防署敷地に整備する予定の公園については、施設解体後の平成29年度に工事予定)

 

3 現況図、再配置・再整備方針図

別添ファイルのとおり

御意見、御質問は、企画調整課(内線326)まで

この記事についてのお問い合わせ

市長公室政策企画課

0294-22-3111(内線 348 349 326)
050-5528-5032
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-21-1663
kikaku@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎4階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。