Loading

×
閉じる

ページID
P003276

平成21年5月22日(金曜日)

ページID
P003276

平成22年度の主な施策について

平成21年5月22日(金曜日)

平成22年度は現基本計画の最終年度に当たります。
基本計画の目標である「地域の力で拓く 人・まち 輝く 新生日立」の達成に向けて、市の地域資源や先人たちから受け継いだ知恵と経験を活用し、持続可能で、将来に希望が持てるようなまちづくりを着実に推進します。

平成22年度主な施策

まちの活力

産業の振興

 新たな産業立地の促進や企業活動の活性化を図るため、立地企業に対する各種支援を行うほか、ものづくりを支える若手技術者などの育成を進めるとともに、中小企業の競争力強化を支援します。
 地域ブランドの創出については、市の資源を活かした商品の開発や魅力の掘り起こしに努め、販路の開拓・拡大を図ります。
 かみね公園の更なる活性化と魅力づくりのため、誘導案内板の設置や園路のスロープ化を進めるとともに、新しいサル舎の整備などを実施します。
 厳しい雇用情勢が続いていることから、市の臨時職員配置などにより100人規模の新規雇用の創出を図ります。

平成22年度の主な事業

まちの活力 産業の振興

  • 企業立地等促進事業
  • 中小企業競争力強化支援事業
  • 地域ブランド創出事業
  • かみね公園活性化事業

人づくり

教育・文化の育成

 理科教育の充実を図るため、地域の人材を活用し、子どもたちがわくわくするような授業を進めるとともに、中学生を海外の先端科学技術施設へ派遣します。
 英語活動や国際理解教育の充実を図るため、小学校の国際理解教室の整備などを進めるとともに、引き続き外国語指導助手を小・中学校に配置します。
 特別な支援を要する子どもとその保護者の相談窓口として、「こども発達相談センター」を新たに設け、支援の強化を図ります。
 大久保中学校校舎改築工事を引き続き進めるほか、日高中学校校舎改築工事に着手します。また、小・中学校の屋内運動場の耐震化に努めます。
 より身近に図書館サービスを提供出来るよう、南部地区へ図書館施設を建設するための準備を進めます。
 文化・芸術活動については、世代間交流の促進と将来の担い手の育成を図るため、「ひたちこども芸術祭」を開催します。

平成22年度の主な事業

人づくり 教育・文化の育成

  • 未来を拓く科学大好き教育推進事業
  • 外国語指導助手配置事業
  • こども発達相談センター事業
  • 日高中学校校舎改築事業
  • 新図書館施設建設事業
  • 文化少年団支援事業

健やか

福祉と保健・医療の充実

 産科医師確保のための取組を拡充し、妊娠や出産をめぐる医療体制の充実を図ります。
 市民一人ひとりの健康づくりを推進するとともに、高齢者に対して肺炎球菌予防接種の費用の一部を助成します。
 少子化対策については、「新ひたち子どもプラン21」に基づき、出会いの機会の創出、待機児童の解消を図るとともに、不妊治療費の助成を引き続き行うなど総合的に取り組みます。

平成22年度の主な事業

健やか 福祉と保健・医療の充実

  • 地域医療体制確保事業
  • 肺炎球菌予防接種事業
  • 少子化対策事業
  • 不妊治療費助成事業

安全・安心・快適

生活環境の向上

 太陽光発電システムを導入する一般家庭や事業所への支援を継続し、全市的な低炭素社会の実現を目指します。
 瀬上川流域での雨水貯留施設などの整備工事を引き続き行うほか、大沼川流域や雨降川流域で雨水管渠(かんきょ)築造工事を行い、浸水被害の縮減に努めます。
 災害の予防と被害の軽減を図るため、防災ハザードマップを作成し、防災行政無線のデジタル化への対応に努めるほか、戸別受信機の整備を引き続き進めます。
 地域の防犯対策の充実を図るため、自警団の活動を支援するとともに、新たに防犯活動のリーダーを育成する講習会を実施します。

平成22年度の主な事業

安全・安心・快適 生活環境の向上

  • 新エネルギー普及促進事業
  • 瀬上川・大沼川・雨降川流域浸水対策事業
  • 防災体制整備事業
  • 生活安全対策事業

交流拡大

都市基盤の整備

 まちのにぎわいづくりと魅力向上を図るため、日立駅及び周辺地区の整備を進めます。また、常陸多賀駅前広場の再整備工事に着手するとともに、久慈浜駅跡地の東西地区を結ぶ道路を新設し、交通の利便性向上を図ります。
 公共交通の維持・確保を図るため、日立電鉄線跡地の活用に向け、関係機関との協議などの手続きを進めるとともに、地域公共交通の実証運行を支援します。
 幹線道路の整備については、国・県と連携を図りながら事業の推進に努めます。
 テレビの地上デジタル放送への円滑な移行を支援するため、ケーブルテレビ加入費用の一部を助成します。

平成22年度の主な事業

交流拡大 都市基盤の整備

  • 日立駅周辺地区整備事業 
  • 常陸多賀駅前広場再整備事業
  • 旧久慈浜駅構内道路改築事業
  • 日立電鉄線跡地活用検討事業
  • 地上デジタル放送移行支援事業
日立駅自由通路と橋上駅舎の完成予想図
日立駅自由通路と橋上駅舎の完成予想図(平成23年完成予定)

市民主体

市民参加のまちづくり

 市民参加のまちづくりを推進するため、コミュニティ活動を支援するほか、将来にわたり持続可能なコミュニティのあり方を検討します。
 男女共同参画社会の構築を目指し、男女がともに仕事と家庭・地域生活を両立出来る環境づくりについて啓発を図るとともに、各種事業を実施します。

平成22年度の主な事業

市民主体 市民参加のまちづくり

  • コミュニティ推進事業
  • 男女共同参画推進事業

地域経営

行財政改革の一層(いっそう)の推進

 社会情勢の変化や地域主権の進展にも揺らぐことのない行財政基盤を築くとともに、行政サービスの維持・向上を図るため、「第5次行財政改革大綱」に基づき、3箇年計画で行財政改革に取り組みます。
 職員の職務執行能力や政策形成能力の向上を図るため、「日立市人材育成計画」に基づき、引き続き各種職員研修や国などへの実務派遣研修の充実に努めます。
 活力あるまち、市民の豊かで充実した生活を実現するため、今後のまちづくりの指針となる新たな「総合計画」の策定を進めます。

平成22年度の主な事業

地域経営 行財政改革の一層の推進

  • 総合計画策定事業
日立市のイメージマーク

この記事についてのお問い合わせ

市長公室政策企画課

0294-22-3111(内線 348 349 326)
050-5528-5032
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-21-1663
kikaku@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎4階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。