×
閉じる

ページID
P082538

(月曜日)

ページID
P082538

常陸多賀駅周辺地区整備計画を策定しています

(月曜日)

概要

 今日の社会情勢や日立市の現状を踏まえながら、常陸多賀駅及びその周辺地区の今後のまちづくりの方針を検討し、持続可能な魅力あるまちづくりを計画的に推進するため、「常陸多賀駅周辺地区整備計画」の策定を行っています。

 策定に当たっては、「常陸多賀駅周辺地区整備計画策定委員会」を設置し、学識経験者をはじめ、地元商工業関係者、コミュニティ代表者、各種市民団体、学生など幅広い方々に委員として協力いただき、様々な観点から常陸多賀駅周辺のまちづくりについて検討を進めています。

※整備計画とは…駅周辺地区の土地利用計画や公共施設の整備計画、事業化プログラムなど基本的な方向性を示したもののこと。本計画に基づき、次年度以降は施設整備に向けた調査・設計や都市計画手続きを進めていきます。

常陸多賀駅

東口

1.計画策定の目的

 常陸多賀駅は、市内にあるJR常磐線5駅のうち南から2番目に位置し、駅のある多賀地区は市内で最も多くの人口を有しています。一方で、施設面では「線路による東西市街地の分断」、「西口駅前広場の交通混雑」、「1955年に完成した駅舎の老朽化」などの課題が生じており、また、周辺地域においては「空き店舗・低未利用地の増加」や「生活利便施設・駅前にふさわしい拠点機能の不足」など、市街地の再生に向けた取組が急務となっています。

 ひたちBRT第2期ルート(大甕駅~常陸多賀駅)の開通や第3期ルート(~日立駅方面)の検討など、更なる公共交通利便性の向上が期待される常陸多賀駅周辺で「都市の拠点としての市街地の再生」「交通結節点としての機能強化」を図るため具体的な検討を進めています。

 施設整備の必要性

施設整備の必要性

 施設の課題

施設の課題

2.まちづくりの理念と目標 (※現在の骨子案)

 以上の施設整備の必要性や課題をもとに、これまで常陸多賀駅周辺が築いてきた生活の場・にぎわいの場といった「まちの資産」をいかしながら、これからのまちづくりにおけるコンセプトとなる「理念」と「目標」について検討を進めています。

目標

3.整備計画 (※現在の骨子案)

 土地利用計画 

 土地利用計画については、これまでの常陸多賀都市計画の土地利用区分を踏襲しながら、更なる常陸多賀駅周辺の生活利便性や魅力の向上のため、様々な分野から検討を進めています。

土地利用計画

 短期的・重点的に実施する施設整備の方針と導入機能

短期的・重点的1

短期的・重点的2

4.常陸多賀駅周辺のこれから

 引き続き、整備計画策定委員会や地元コミュニティ、商工業関係者などと話し合いを重ねながら、「常陸多賀駅周辺地区整備計画」の策定に向けて作業を進めてまいります。計画の策定後は整備計画に基づき、具体的な施設についての調査・設計や都市計画手続きを行います。

 常陸多賀駅周辺がより良い地域となるよう、ご意見・ご協力等いただきながら、魅力あるまちの実現に向けて力を合わせて取り組んでまいります。

春

地図

この記事についてのお問い合わせ

都市建設部常陸多賀駅周辺地区整備課

0294-22-3111(内線 778 756 395)
050-5528-5092
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-21-7750
tagaeki@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎5階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。