×
閉じる

ページID
P104715

(金曜日)

ページID
P104715

お誕生おめでとう事業~第3子以降の支給額を増額しました~

(金曜日)

令和4年4月1日以降に出生したお子様から、出産祝金の支給金額を増額しました。

第1子3万円、第2子5万円、第3子以降12万円を支給します。

 次世代を担う児童の誕生を市全体で祝福するとともに、子育て世帯の経済的な支援を目的として、出産祝金を支給しています。


 出生届を出生児の父又は母が提出する場合は、原則窓口において現金でお渡しします。出生届を開庁時間外や他市区町村へ提出するとき又は代理人が提出する場合は、後日、口座払いにより支給します。

対象児童(出生児)

 出生後最初の住民基本台帳への記録が本市でなされた児童(申請までの間に転出又は死亡した者を除く。)

支給対象者(父又は母)

 対象児童の父又は母のうち、当該対象児童の出生日時点において本市の住民基本台帳に記録され、かつ、対象児童と同一の世帯に記録される者(申請までの間に転出又は死亡した者を除く。)

※対象児童と父母の両方が別居の場合は、対象になりません。

祝金の額(対象児童1人につき)

【令和4年3月31日以前に出生した児童】 第1子は3万円、第2子は5万円、第3子以降は10万円

【令和4年4月1日以降に出生した児童】   第1子は3万円、第2子は5万円、第3子以降は12万円       

※ 令和4年度から第3子以降の祝金を増額しました。

ただし、出生順位については、対象児童の出生日において、対象児童と同一世帯(同居)の満18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にあるお子さま(令和4年度は平成16年4月2日以降生まれ)を数えます。

※支給対象者(父又は母)に平成16年4月1日以前に生まれたお子さん及び別居しているお子さんがいても、出生順位には数えませんので、実際に母が出産した人数と異なる場合があります。

祝金の支給方法

出生届を父か母が市民課又は支所に提出する場合

窓口において現金でお渡しします。

【持ち物】出生届、マイナンバーカードや運転免許証など本人確認ができる書類

出生届を開庁時間外や他市区町村へ提出するとき又は代理人が提出する場合

  申請書を窓口でお渡し(開庁時間外や他市町村へ提出する場合は郵送)します。申請書を子育て支援課へ提出してください。後日口座へ振り込みます。なお、口座払いの場合、払い込む口座名義は、必ず申請者のものにしてください。

※申請までの間に、次のいずれかに該当する場合は、出産祝金は支給されませんのでご注意ください。
・支給対象者又は対象児童が市外転出や死亡したとき。
・対象児童が支給対象者と同一の世帯でなくなったとき。
・対象児童の出生の日から1年以内に申請を行わないとき。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部 子育て支援課

0294-22-3111(内線 282 478)
050-5528-5071
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-3011
kosodate@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎1階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。