×
閉じる

ページID
P003244

(水曜日)

ページID
P003244

選挙人名簿と選挙人名簿登録者数

(水曜日)

選挙人名簿について

選挙に参加する、つまり投票に参加するためには、選挙権があるというばかりではなく、選挙人名簿に登録されていることが必要です。
たとえ、投票日当日、選挙権があったとしても、選挙人名簿に登録されていない人は投票することができません。
しかし、選挙人名簿に登録されていても、住所要件などを欠いていると投票することができません。

選挙人名簿の調製は、選挙当日、異動等によって、投票しようとする人が選挙権をもっているかどうかを確認するため、あらかじめ選挙権などの有無を調査して有権者を登録しておくものです。
また、同一人物が2回以上投票することや他人に偽装して投票することを防止するなど、投票事務を円滑に処理するためのものです。

登録の要件

  1. 年齢が満18歳以上の日本国民であること。
  2. 住民票が作成された日(転入については転入届出をした日)から引き続き3か月以上当該市町村の 住民基本台帳に記録されていること。

これに加え、平成28年1月の法改正により、以下の場合にも旧住所地において選挙人名簿への登録がされることとなりました(平成28年6月19日施行)。

  • 旧住所地における住民票の登録期間が3か月以上である17歳の人が転出後4か月以内に、新住所地において18歳となったが、新住所地における住民票登録期間が3か月未満である場合。
  • 旧住所地における住民票の登録期間が3か月以上である18歳以上の人が選挙人名簿に登録される前に転出をしてから4か月以内で、かつ新住所地における住民票の登録期間が3か月未満である場合。

登録

  1. 登録は常時行うわけではなく、毎年3月、6月、9月、12月のそれぞれの月の1日(定時登録)と選挙の前(選挙時登録)に行っています。
  2. 市町村の選挙管理委員会が選挙人名簿に登録される資格を有する人を調べて登録を行います。そのため、特別な手続き等は必要ありません。
  3. 選挙人名簿に一旦登録されると、その登録は永久に効力を有し、死亡、国籍喪失または他の市町村の区域に住所を移し、4か月以上を経過したときなど法定の理由と手続きによって抹消される場合のほかは、その効力を失いません。(永久選挙人名簿制度)

登録の抹消

選挙人名簿に登録されている人が、次の事項に該当した時は、その人は名簿から抹消されます。

  1. 死亡、または日本国籍を喪失したとき、ただちに抹消します。
  2. 転出したときはすぐには抹消せず、転出したことを表示しておいて、転出日から4か月を経過したときに抹消します。
  3. 登録の際に、登録されるべき者でなかったとき、ただちに抹消します。

 選挙権を停止された人の場合は、抹消されるのではなく、その旨の表示がされます。選挙権を回復すれば、その表示は消されます。

選挙人名簿登録者数について

定時登録における選挙人名簿登録者数をお知らせします。
なお、各投票区の選挙人名簿登録者数は、ファイルダウンロードにあるPDFファイルをご確認ください。

令和3年9月1日現在の選挙人名簿登録者数

75,226人
75,287人
合計 150,513人

ファイルダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

この記事についてのお問い合わせ

選挙管理委員会事務局

0294-22-3111(内線 335)
050-5528-5034
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-21-1663
somu@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎4階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。