×
閉じる

ページID
P000534

(水曜日)

ページID
P000534

土地の評価について

(水曜日)

固定資産評価基準に基づき、地目別の定められた評価方法により評価します。

  • 地目とは?
    土地には、用途により、田・畑・宅地・池沼・鉱泉地・山林・牧場・原野及び雑種地という種類に分けたものを、地目と呼んでいます。固定資産評価は、登記簿上の地目に関わりなく、その年の1月1日の現況(利用状況)により地目を認定します。
  • 地積とは?
    土地の面積をいいます。原則として登記簿に登記されている地積です。
  • 価格とは?
    一般的にいう評価額をいいます。価格は、売買実例価格をもとに、地目別の土地の資産価値に着目して算出され、土地(補充)課税台帳に登録されます。

評価方法

日立市では、路線価方式(市街化区域内の土地)及び標準地比準方式(都市計画区域外及び調整区域内の土地)の二つの評価方法を用いて、土地の評価をしています。

  • 路線価とは?
    市街地の道路(地域ごとにその主要な道路)に接する標準的な宅地の1平方メートルあたりの価格をいい、標準的な宅地についての地価公示価格や鑑定評価価格を基にして求められ、その他の道路の幅員や公共施設の近隣の状況に応じて算定されます。
    (補足)平成9年度の評価替えから、納税者の方々に土地の評価に対する理解と認識を深めていただくために、評価額の基礎となる路線価がすべて公開されています。
    以下のサイトにより路線価を公開しています。
    財団法人資産評価システム研究センター「全国地価マップ(新しいウインドウが開きます)」
    全国地価マップに関するお問合せは、財団法人資産評価システム研究センター 電話番号:03-5404-7781にお願いします。
  • 標準宅地とは?
    市内の地域ごとに、その地域の主要な道路に接した標準的(奥行き、間口、形状等が標準的なもの)な宅地をいいます。

ア 宅地の評価方法

  1. 道路・家屋の疎密度・公共施設等からの距離
    その他宅地の利用上の便を考慮して地区・地域を区分
  2. 標準宅地(奥行、間口、形状等が標準的なもの)の選定
  3. 主要な街路の路線価の付設
  4. その他の街路の路線価の付設
  5. 地区・地域内の各筆の評価
街路イラスト
地価公示価格、都道府県地価調査価格及び鑑定評価価格の活用

イ 農地、山林の評価方法

 原則として、宅地の場合と同様に標準地を選定し、その標準地の価格(その算定の基礎となる売買実例価額に宅地見込地としての要素等があれば、それに相当する価額を控除した純農地、純山林としての価格)に比準して評価します。
 ただし、市街化区域内にある農地・農地転用許可を受けた農地又は山林等については、状況が類似する宅地等の評価額を基準として求めた価額から造成費を控除した価額によって評価します。

ウ 牧場、原野、雑種地等の評価方法

 農地、山林の場合と同様に、売買実例価額や付近の土地の評価額に基づく方法により評価します。

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

財政部資産税課

0294-22-3111
  • 土地係  内線 231 232 736
  • 償却資産担当  内線 385
  • 家屋係  内線 233 234
050-5528-5054 050-5528-5055
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-25-1123
sanzei@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎2階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。