×
閉じる

ページID
P000837

(月曜日)

ページID
P000837

いったん全額自己負担したとき

(月曜日)

次のような場合は、いったん全額自己負担となりますが、その後国民健康保険課や市民課及び各支所へ申請し、審査で決定すれば、給付割合に応じてあとで支給されます。なお、領収証は原本を添付してください。

自己負担した場合について
こんなとき 申請に必要なもの 備考
不慮の事故などや旅先で急病になり保険証を持たずに診療を受けたとき 保険証、診断内容の明細書、領収書、世帯主名義の預金通帳、はんこ
コルセットなどの補装具を購入したとき 保険証、医師の診断書又は意見書、領収書、世帯主名義の預金通帳、はんこ 医師が認めた場合のみ適用
骨折やねんざなどで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき 保険証、明細な領収書、世帯主名義の預金通帳、はんこ
手術などで輸血に用いた生血代を第三者から請求されたとき 保険証、医師の診断書又は意見書、輸血用生血液受領証明書、血液提供者の領収書、世帯主名義の預金通帳、はんこ 医師が認めた場合のみ適用
はり、灸、マッサージなどの施術を受けたとき 保険証、医師の同意書、領収書、世帯主名義の預金通帳、はんこ 医師が認めた場合のみ適用
海外渡航中に診療を受けたとき 保険証、申請書、世帯主名義の預金通帳、診療内容の明細書と領収明細書(外国語で作成されている場合は日本語の翻訳文が必要)、はんこ
9歳未満の小児が弱視等の治療で眼鏡やコンタクトレンズを作成または購入したとき 保険証、世帯主名義の預金通帳等、医師の作成指示書、患者の検査結果、治療用眼鏡・コンタクトレンズを作成または購入したときの領収書、はんこ 医師が認めた場合のみ適用
四肢のリンパ浮腫治療のため手術後に弾性着衣等を購入したとき 保険証、世帯主名義の預金通帳等、医師の装着指示書、弾性着衣等の仕様書と領収書、はんこ 医師が認めた場合のみ適用

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部国民健康保険課

0294-22-3111(内線 202 205 207)
050-5528-5076
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-5116
hoken@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎1階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。