×
閉じる

ページID
P000831

(日曜日)

ページID
P000831

入院時の食事代

(日曜日)

 入院中の一食当たりの食事代にかかる費用のうち、下記の標準負担額を加入者に負担していただき、残りは国保が負担します。
 住民税非課税世帯(「オ」、「低1」、「低2」)のかたは「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要になりますので、 国民健康保険課窓口、もしくは各支所に申請してください。

入院時の食事にかかる標準負担額(一食当たり)

一般

住民税課税世帯のかた 460円

住民税非課税世帯のかた

70歳未満のかた(オ)

  • 90日までの入院 210円
  • 過去12か月で91日以上の入院があったとき(補足1) 160円

70歳以上75歳未満の「低所得者2」のかた(低2)

70歳以上の、同一世帯の世帯主及び国保の加入者が住民税非課税のかたで次の「低所得者1」に該当しないかた

  • 90日までの入院 210円
  • 過去12か月で91日以上の入院があったとき(補足1) 160円

(補足1)(オ)、(低2)の認定証をお持ちのかたの入院日数が91日以上になったとき

 過去12か月の間に「限度額適用・標準負担額減額認定証」の「オ」・「低2」の認定を受けた日から91日以上の入院があったときは、改めて申請すると食事代が減額になります。

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 現在お手持ちの減額認定証
  • 「オ」、「低2」の認定を受けた日から91日以上の入院があることを確認できる書類(領収書・入院証明等)

70歳以上75歳未満の「低所得者1」のかた(低1)

70歳以上で、同一世帯の世帯主及び国保の加入者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円になるかた

100円

療養病床に入院する場合の食費と居住費

 療養病床に入院する場合の食費と居住費療養病床に入院する65歳以上の人は、食費1食あたり460円(一部医療機関では420円)、居住費1日あたり370円を負担(低所得者などは負担を軽減)します。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部国民健康保険課

0294-22-3111(内線 202 205 207)
050-5528-5076
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-5116
hoken@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎1階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。