×
閉じる

ページID
P089121

(木曜日)

ページID
P089121

国民健康保険給付費の返還請求について

(木曜日)

国民健康保険給付費の返還請求とは

 国民健康保険に加入している方が、医療機関等を受診する場合は、窓口で保険証を提示することにより、窓口での自己負担が3割(2割)となり、残りの7割(8割)は、日立市の国民健康保険から保険給付として医療機関等に支払われます。

 職場の健康保険への加入や、市外転出などにより日立市の国民健康保険の資格がなくなった後に、新しい保険証の交付が遅れたなどの理由で、日立市の国民健康保険証で医療機関等を受診した場合は、日立市が負担した医療費(総医療費の7割(8割)、入院時の食事代、高額療養費等)を、日立市に返還していただくことになります。

 これは、本来、受診日に加入していた健康保険が負担すべき医療費を日立市が支払ったためで、国民健康保険に加入していた方から日立市に返還していただき、その返還した額を受診日に加入していた健康保険へ改めて請求し直していただくものです。

 【注意】 就職したり、市外に転出した場合は、お手元に日立市の国民健康保険証があっても使用しないようにしてください。

国民健康保険証が使用できなくなる日は

職場の健康保険などに加入した(扶養になった) 社会保険の資格取得日(就職した日・扶養認定日等)
他の市区町村に転出した 転出した日
後期高齢医療制度に加入した 加入した日(75歳の誕生日または障害により認定を受けた日)
生活保護を受け始めた 受け始めた日

日立市の国民健康保険をやめる手続きをした日や、新しい健康保険の保険証を受け取った日ではありませんので注意してください。

 こんなときも返還をお願いすることになります

  • 職場の健康保険に加入した(手続き中)けれど、まだ保険証をもらっていないので、国民健康保険証を使った。
  • 職場の健康保険にさかのぼって加入した(扶養になった)。受診日にはまだ新しい保険証はなかったので、国民健康保険証を使った。
  • 職場の健康保険に加入したけれど、まだ国保をやめる手続きをしていない。保険料も払っているので国民健康保険証を使った。※
  • 日立市で転出の手続きをして、引越ししたけれど、まだ、転入の手続きに行っていないので、日立市の国民健康保険証を使った。

   ※ 日立市の国民健康保険をやめる手続後、新しい保険に加入した前月までの保険料を再計算し、過払い分があればお返しします。

新しい健康保険証ができるまでは

 医療機関の窓口に健康保険の切り替え中であることを伝えてください。いったん自費で支払い、後日新しい保険証を提示すると精算してもらえる場合もあります。病院で精算できなかった場合は、新しく加入した健康保険に請求することができます。

日立市への返還方法は?返還した後、受診日に加入していた健康保険から給付を受けるには?

方法は2通りあります。

 日立市に納付書で支払いし、支払った後、受診日に加入していた健康保険に療養費の申請をする

  1.  日立市から国民健康保険給付費返還請求通知を送ります。 
  2.  通知に同封されている納付書で指定の期日までに、日立市役所・支所、指定の金融機関でお支払いください。
     (郵便局では取扱いできません。また取扱金融機関以外でお支払いの場合は手数料をご負担いただくことがあります。)
  3.  お支払いの確認後に日立市から診療報酬明細書を送ります。
  4.  日立市に納付した領収書原本と送られた診療報酬明細書を開封せずそのまま添付して、受診日に加入していた健康保険に申請してください。
  5.  申請書類や、申請方法については、受診日に加入していた健康保険にお問合せください。時効などの理由により返還されない場合もあります。

 受診日に加入していた健康保険から給付される療養費を、日立市への返還金に充当する(保険者間調整)

  日立市の国民健康保険と受診日に加入していた健康保険との間で直接医療費を調整できる制度があります。
  この場合は納付書での支払いは不要です。

  1.  日立市から国民健康保険給付費返還請求通知を送ります。
  2.  保険者間調整制度の利用を希望する場合は国民健康保険課に連絡してください。
  3.  被保険者に代わって、日立市が受診日に加入していた健康保険に療養費の請求をし、受領するために必要な「同意書」と「申請書」をお送りしますので国民健康保険課に提出してください。
  • 保険者間調整ができない社会保険等もあります。  
  • 時効などの理由により受診日に加入していた健康保険から療養費の給付を受けられない場合や返還額に満たない場合は納付書でのお支払いをお願いする場合があります。

保険証は正しく使いましょう

  •  医療機関等の受診時には、保険証を提示してください。
  •  職場の健康保険に加入(扶養になった)したり、市外に転出するなど、新しい保険に加入する手続きをした場合、その旨を医療機関等の窓口にお伝えください。
  •  職場の健康保険加入などにより国民健康保険の資格を喪失する場合、日立市役所・支所の窓口で喪失の手続きを行い、国民健康保険証を返却してください。



  

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部国民健康保険課

0294-22-3111(内線 202 205 207)
050-5528-5076
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-5116
hoken@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎1階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。