×
閉じる

ページID
P081577

(木曜日)

ページID
P081577

【見守り】日立市徘徊SOSネットワークの登録を受け付けています。

(木曜日)

日立市徘徊SOSネットワークとは

 市では、認知症のかた、障害のあるかたとその家族が安心して暮らすことができる地域づくりのひとつとして、警察、消防のほか、市内の事業所、地域住民の協力を得て、徘徊等により行方がわからなくなった認知症のかたの早期発見、保護を目的とする日立市徘徊SOSネットワークを展開しています。
 徘徊等のおそれがある認知症のかたを介護されている家族等で、利用を希望されるかたは、お気軽にお問い合わせください。

日立市徘徊SOSネットワーク利用の流れ

1.登録

(1) 登録制とします。(未登録のかたも利用できます。)

(2) 利用希望者は日立市徘徊SOSネットワークの 登録用紙に記入し日立市高齢福祉課へ申請します。

(3) 登録時には、実際に居なくなった時に使用する連絡用紙をお渡しします。

日立市徘徊SOSネットワーク登録用紙(ワード形式:16KB)

 ※登録用紙は、日立市高齢福祉課、各地域包括支援センターにあります。

2.実際にいなくなったら

 『いつもより帰りが遅いかな?』と思ったらすぐに警察署に届け出てください。

(1) ご家族は、連絡用紙を記入して高齢福祉課にFAX送信するとともに、警察署又は最寄りの交番に届け出をしてください。

(2) 未登録のかたは、警察署でネットワーク使用の確認をします。

(3) 警察署は、市役所、消防署に連絡します。

3.ネットワークによる捜索

 平日午前8:30~午後5:15 は日立市高齢福祉課から、その他の市役所閉庁時間帯では警察署から市内の協力機関・事業所に捜索依頼のFAXが送信されます。
 各協力機関・事業所は社内・職員に連絡します。(可能な範囲での捜索をします。)

net

 4.発見保護

 行方不明となった高齢者が発見・保護された場合は、警察署からご家族にご連絡がいきますのでどなたか自宅に待機していてください。
 行方不明となった高齢者を発見した方は、

(1)   穏やかに声をかけてください。

(2)   すみやかに警察署へ連絡してください。

(3)   署員が確認に行くまで、付き添ってください。

(4)   水分の補給をお願いします。

5.捜索終了

(1) 高齢福祉課・警察署から協力機関・事業所に捜索解除のFAXをします。

(2) 時間帯によって発信元が変わります。

協力団体・事業所について

 日立市徘徊SOSネットワークの協力機関として登録された団体・事業所等は、日常の業務に支障のない範囲内で、徘徊高齢者等の捜索または情報提供を行います。
 日立市徘徊SOSネットワーク協力機関への登録をご検討いただける場合は、下記の説明文をご参照のうえ、日立市高齢福祉課までご連絡いただけますようよろしくお願い申し上げます。

日立市徘徊SOSネットワークについて(協力団体用)(PDF形式:130KB)

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部高齢福祉課

0294-22-3111(内線 477 229 290)
050-5528-5072
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-24-2281
korei@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎1階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。