×
閉じる

ページID
P109030

(水曜日)

ページID
P109030

考えてみませんか。人生の心づもりを

(水曜日)

日立市医療・介護連携推進協議会の取組の一環で、住み慣れた地域で、安心して暮らしていくための一助になるよう「心づもりリーフレット」と「心づもりノート」を作成しました。豊かな人生を送るためにご活用ください。

 心づもりの「必要性」

心づもりとは、心の中で、あらかじめ考えることです。自分らしく幸せに年を重ねるためには、家族や大切な人と話し合う機会を持つことが大切です。想いを共有することで、大切にしているものに気づくことが出来ます。様々なことについて、心づもりをすることは、より自分らしい人生を、描くことにつながります。

 「心づもり」から「心構え」へのきっかけづくり

「心構え」の意味は、「物事に対処する気持ちの準備」です。「構え」は「ある状況に備えて、身構える」という意味があります。元気なうちから自分や家族、生活や財産について考えるきっかけになるものです。 

家族や大切な人の想いを知ることができ、より自分らしい人生を描くことにつながります。結論を出すことも大事ですが、互いに信頼し、大切なことを話し合える関係性を育てましょう。

大切なのは想いの共有です。

「大事だとは思うけれど、話し合うきっかけがない」「何を話していいか分からない」というかたは、ぜひ、家族や大切な人と話し合って、想いを共有しましょう。

心づもりリーフレット ※在宅医療・介護連携推進協議会委員からのメッセージ

日立市心づもりノート ※ご自分の考えを整理するためにご活用ください。

「心づもり」をテーマに市民向け出前講座を行っています。

市民向け出前講座ちらし

市民向け出前講座申請書

住み慣れた地域で、できるだけ長く生活するために必要な医療・介護の知識や情報、安心な生活につながるヒント等について、専門職による講話や実技等を通して、一緒に学びます。

自らが望む、人生の最終段階の医療・ケアについて話し合ってみませんか

国では、「人生会議(ACP:アドバンス・ケア・プランニング)」を推奨しています。「人生会議」とは、もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて、前もって考え、繰り返し話し合いうことです。

※詳細は、国のリーフレットを参照してください。

ファイルダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部高齢福祉課

0294-22-3111(内線 477 229 290)
050-5528-5072
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-24-2281
korei@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎1階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。