×
閉じる

ページID
P083468

令和2年5月28日(木曜日)

ページID
P083468

日立市乳児おむつ等購入費助成事業

令和2年5月28日(木曜日)

「ひたちすこやか赤ちゃんクーポン券」を贈呈します!

事業の概要について

 日立市では、市内の産科医療機関の利用促進を図るため、市内医療機関(瀬尾医院または日立総合病院)で、令和2年4月1日以降に出産した市民を対象に、乳児用おむつ、おしりふき、ミルクを購入できる「ひたちすこやか赤ちゃんクーポン券」60,000円分を贈呈します。

 これからも、市内で安心して出産できる環境を維持していくためにも、瀬尾医院、日立総合病院をご利用くださるよう、ご理解とご協力をお願いします。

 なお、ハイリスク等により市内医療機関から紹介を受け、市外の周産期母子医療センターで出産された方は市へ相談してください。

クーポン券の申請方法について

  1. 令和2年4月1日以降に、市内医療機関で出産した日立市に住所を有する乳児の保護者の方は、出産した医療機関から申請書を受取り、必要事項を記入して、出生届と一緒に市へ提出してください。
  2. 後日、市からクーポン券をご自宅に郵送します。クーポン券と一緒に市内の指定取扱店の一覧を同封します。

クーポン券について

  1. クーポン券は額面2,000円の30枚綴りになっています。
  2. 交付されたクーポン券に、交付年月日、交付番号、乳児の氏名、有効期限の日付、日立市長の公印が印刷されてあることを確認してください。
  3. クーポン券の有効期限は、乳児の1歳の誕生日の属する月の末日までとなっています。
  4. クーポン券は現金や他の商品と引き換えることはできません。
  5. クーポン券は、譲渡、交換、転売または貸付はできません。
  6. クーポン券で購入した商品の返品はできません。
  7. クーポン券の紛失に十分ご注意ください。紛失等について、再発行はしません。

クーポン券の使用について

  1. クーポン券は、市に登録された取扱店で使用できます。添付ファイルの「取扱店一覧」を参考にクーポン券を使用してください。
  2. クーポン券は、乳児の健康保険証や医療福祉費受給者証(マル福)、母子健康手帳のいずれかを持参し、取扱店に提示して、使用してください。
  3. クーポン券でのお支払いには釣銭がでませんので、2,000円以上の支払いの時に使用してください。クーポン券の額面を超えた端数については、別途お支払いください。
  4. クーポン券が使用できる対象品目は、おむつ(紙おむつ、布おむつ、おむつカバー、おむつライナー)、おしりふき、ミルクです。
  5. 1回の使用枚数に制限はありませんが、クーポン券の使用は対象品目のみとなります。対象品目以外のものを購入する場合、その分の料金は、現金でお支払いください。
  6. 交付翌年度の使用は、翌年度予算の議決により有効となります。

「ひたちすこやか赤ちゃんクーポン券」の取扱店を募集しています!

 「ひたちすこやか赤ちゃんクーポン券」の取扱店を募集していますので、登録を希望する事業者の方は、添付の取扱店登録申請書に必要事項を記入、押印の上、郵送又は直接地域医療対策課にご提出ください。

 ※ 取扱店に登録できる店舗は、市内で乳児用おむつやミルクを販売している店舗に限ります。

(取扱店の方へ)助成金の請求書様式について

助成金の請求の際には、添付ファイルの「助成金請求書」を適宜ご利用ください。

なお、請求手続きについては、取扱店登録証の交付時にお送りした通知をご参照ください。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部地域医療対策課

0294-23-6766(内線 83104)
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-27-2112
iryou@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-15-15

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。