×
閉じる

ページID
P093294

(木曜日)

ページID
P093294

よくある質問

(木曜日)

接種全般について

1 接種は強制ですか?

 強制ではありません。

 予防接種法による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく接種が行われることはありません。

 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようにお願いします。

 有効性や安全性については、新型コロナワクチンの有効性・安全性についてをご参照ください。

 「厚生労働省 新型コロナワクチンについて(接種についてのお知らせ)」より抜粋

2 妊婦は接種できますか?

 妊娠中、授乳中の方も、接種を受けることができます。

 ただし、妊婦または妊娠している可能性がある女性には、海外の実使用経験などから、現時点で特段の懸念が認められているわけではありませんが、安全性に関するデータが限られていることから、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととしています。 

 また、授乳中の女性については、現時点で特段の懸念が認められているわけではなく、海外でも接種の対象とされています。接種をお悩みの方は、主治医とご相談ください。

 「厚生労働省 新型コロナワクチンについて(Q&A5-3)」より抜粋

3 基礎疾患で通院中です。日立市外の主治医の下で接種はできますか?

  基礎疾患に該当する場合、主治医が「接種協力医療機関」に登録していれば接種できますので、その医療機関が所在する自治体のコールセンターにご確認ください。

4 基礎疾患は事前に申請する必要がありますか?

  事前申請や証明書などの提出は必要ありません。接種するときに、予診票の項目に治療中の疾患名などをご記入ください。

  また、接種時に必ずお薬手帳または治療状況が分かるものをお持ちください。

5 接種は無料ですか?

  無料です。(全額公費負担) 

6 日立市にワクチン接種に関して相談できるところはありますか?

  コールセンター(電話相談窓口)と相談窓口を設置しています。

  コールセンター「ワクチン接種ひたちコールセンター」

  受付時間  午前8時30分~午後5時15分(土・日、祝日も対応)

  問合せ   電話050-3646-5466(直通) FAX 85-8010

  ※かけ間違いにご注意ください。

  相談窓口

  受付時間  午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日は午前9時~午後5時)

  ところ    日立市役所1階、多賀市民プラザ1階、保健センター1階

接種券・予診票について

1 接種券が届きません

  12歳以上の方で、接種券がお手元にない方は、接種券が届かない・紛失された方へをご確認ください。 
  令和3年度中に12歳を迎える方は、誕生日の翌月に発送します。

2 接種券を紛失しました。

  紛失された方には、再発行します。詳細については接種券が届かない・紛失された方へをご確認ください。

3 日立市に住民票を置いていますが、現在は他の自治体に住んでいます。日立市で接種を受けなければならないでしょうか。

  国が示した以下の項目に当てはまれば、住民票所在地以外でも接種可能です。日立市が発行した接種券を使用して接種してください。

 (1)出産のために里帰りしている妊産婦

 (2)遠隔地へ下宿している学生

 (3)単身赴任者

 (4)DV、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

 (5)他自治体での入院・入所者

 (6)基礎疾患を持っており、他自治体にいる主治医のもとで接種を受ける場合

 (7)災害による被害を受け、他自治体に住んでいる者

 (8)拘留または留置されている者、受刑者

 ※(1)~(4)の場合は、接種場所の自治体に事前に申請する必要があります。

 ※(5)~(8)の場合は、申請は不要ですが、接種場所の自治体に接種方法等をご確認ください。

4 他の自治体に住民票を置いていますが、現在は日立市に住んでいます。日立市で接種を受けられますか?

 問3を参照してください。

 下記(1)~(4)の場合は、日立市に事前申請が必要です。申請方法はこちらをご確認ください。

 (1)出産のために里帰りしている妊産婦

 (2)遠隔地へ下宿している学生

 (3)単身赴任者

 (4)DV、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

5 最近日立市に引っ越してきました。接種を受けるためにはどうすればよいですか?

  転入の届出時に、接種券再発行についてご案内します。

  転入前の自治体で、既に接種券を発行されている方は新しい接種券と引き換えになります。相談窓口またはワクチン接種ひたちコールセンターにお問い合わせください。

6 予診票に、接種券を貼ってもよいですか?

  接種券はシール様式になっています。接種するときに医療機関で対応します。台紙から剥がさず、そのままお持ちください。 

7 接種した証明書などはありますか?

  接種券の右側が予防接種済証になっています。接種後に、医療機関から接種したワクチンのシールを貼ってもらいます。接種したワクチンの種類や日付が分かります。

8 海外渡航のためのワクチン接種証明書はありますか?

  条件に該当する方へ証明書を発行しています。詳細はこちらをご確認ください。

予約について

1 いつから予約できますか?

 日立市内の会場

  現在、日立市内の会場では、40歳以上の方と妊娠中の方、12歳~39歳の基礎疾患を有する方等の予約受付を開始しています。

 茨城県で実施する大規模接種会場

  現在、12歳以上のすべての方の予約受付を開始しています。

2 どうやって予約できますか? 

  接種会場によって、予約方法が異なります。コールセンター予約、インターネット予約、医療機関へ直接予約の方法があります。予約方法の詳細はこちらをご確認ください。

 予約の電話がつながりにくい場合やインターネットの接続状況が不安定な場合は、お手数でも時間をおいてから予約してください。
 なお、妊娠中の方や12歳~15歳の方は、接種を受けられる医療機関を事前にご確認のうえ、予約してください。

 ワクチン接種は希望する方全員が受けられますのでご安心ください。 

接種について

1 どこで接種できますか?

  日立市内では、かかりつけ医や最寄りの医療機関で接種できる「医療機関接種」と、「集団接種」で接種をすることができます。

  その他に、茨城県で実施する大規模接種会場で接種をすることができます。

2 接種することができないのはどのような人ですか?

  次に当てはまる方は接種ができません。ご自身が当てはまると思われる方は、接種前に、必ず医師に伝えてください。

 (1) 明らかな発熱を呈している者(※1)

  (2)  重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者

 (3) 新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかな者

  (4) 上記(1)~(3)に該当するほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者

 ※1 明らかな発熱を呈している者とは、通常37.5度以上の発熱をいう。 

3 接種をするのに注意が必要なのはどのような人ですか?

 次に当てはまる方は接種する際に注意が必要です。ご自身が当てはまると思われる方は、接種前に、必ず医師(接種医やかかりつけ医)に相談してください。

 (1) 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血系疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者

 (2) 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を起こしたことがある者

 (3) 過去にけいれんの既往のある者

 (4) 過去に免疫不全の診断がされている者及び親近者に先天性免疫不全症の者がいる者

 (5) 接種しようとする接種液の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある者  

4 私は持病を持っていますが、ワクチン接種を受けることができますか?

  慢性的な病気がある方もワクチン接種ができる場合が多いのですが、病気が悪化しているときには避けた方がよいと考えられます。かかっている病気によっては、接種を慎重に検討したほうが良い場合がありますので、通院時などにかかりつけ医にご相談ください。

5 新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することは出来ますか?

  原則として、同時に接種できません。
  新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

6 当日の持ちものはありますか?

  接種券、本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)を必ずお持ちください。

  お薬手帳をお持ちの方は、お持ちください。
  妊娠中の方や12歳~15歳の方は母子健康手帳をお持ちください。

副反応について

1 副反応はありますか?

  注射した部位の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、発熱などがみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。また、稀にアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生したことが報告されています。

  もし、アナフィラキシーが発生した場合には、接種場所ですぐに治療を行うことになります。

  詳細はこちらをご確認ください。

 2 ワクチンを受けた後に熱が出たら、どうすればよいですか?

  ワクチン接種による発熱は接種後1~2日以内に起こることが多いです。気になる症状が続く場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談しましょう。相談窓口はこちらをご確認ください。

3 夜間や休日に高熱が出たらどうすればよいですか?

  接種した医療機関の診療時間が終了している場合には、夜間救急外来を受け付けている医療機関を受診してください。

  受診するかどうか、迷った時には、「ひたち健康ダイヤル24(0120-12-8624)」や「おとな救急電話相談(#7119)」にご相談ください。

この記事についてのお問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策チーム

050-3646-5466(ワクチン接種ひたちコールセンター)
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-85-8010
kenko3@city.hitachi.lg.jp

茨城県日立市助川町1-15-15

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。