×
閉じる

ページID
P090911

(土曜日)

ページID
P090911

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起(令和3年9月18日更新)

(土曜日)

注意喚起のお知らせ(9月18日)

 9月16日、茨城県の大井川知事は、県内の新型コロナウイルス感染症の新規陽性者の数が、減少傾向にあることなどから、県独自の非常事態宣言を、9月19日日曜日をもって解除することを発表しました。

 しかしながら、引き続き、茨城県には、9月30日木曜日まで、国の緊急事態宣言が出されている状況にありますので、日立市では、国や茨城県の対策を踏まえ、市有施設の休館を、9月30日まで延長いたします。なお、図書館、博物館については、9月20日月曜日から、再開いたします。

 9月に入り、このところ市内の感染者数が減少傾向にありますが、いまだ予断を許さない状況にあります。

 多くの皆様のご協力をいただき進めておりますワクチン接種については、12歳から15歳までの方へ、9月21日火曜日からの接種開始のご案内をさせていただきました。集団接種の実施を含め、希望する市民の皆様へ一日も早く接種が完了できるよう、引き続き取り組んでまいります。

 市民の皆様におかれましては、不要不急の外出の自粛など、引き続き、ご不便とご苦労をおかけいたしますが、マスクの着用や、消毒、換気、健康管理の実施、そしてお一人お一人の身体的距離の確保など、基本的な感染症対策を十分に徹底していただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

注意喚起のお知らせ(8月14日)

 現在、全国的に新型コロナウイルス感染症の「第5波」となる急速な拡大が続いており、日立市においても、8月に入ってから、50名を超える新たな感染者が確認されています。こうした状況を受け、茨城県の大井川知事は、8月12日、日立市を、国の「まん延防止等重点措置」の対象区域にすると発表しました。

 これにより、8月15日日曜日から8月31日火曜日まで、市民の皆様への不要不急の外出の自粛や、飲食店に対する営業時間の短縮などが、引き続き、要請されるとともに、新たに、飲食店における酒類の提供やカラオケの利用については、終日、停止するよう要請されました。

 市民の皆様、事業者の皆様には、長引く新型コロナへの対応により、ご不便とご苦労をおかけしておりますが、感染の拡大防止に向け、茨城県の要請に基づく行動に、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 また、ご家庭内を含むマスクの着用、手洗い、室内の換気、消毒の徹底、そして人と人との身体的距離の確保、さらには、密閉・密集・密接の3つの密を避けるなど、基本的な感染症対策を、今一度、徹底していただきますようお願いします。

注意喚起のお知らせ(7月26日)

 国からのワクチン供給不足により延期しておりました、50歳から64歳までの皆様のワクチン接種につきまして、ワクチン供給の見通しが立ちましたことから、この度、予約と接種を開始することといたしました。対象となる皆様には、7月26日に、個別にお知らせのはがきを発送いたしましたのでご確認ください。

 50歳から64歳までの皆様の新たな予約と接種の開始日でございますが、ワクチン供給量の関係から、年代を2つに区切り、60歳から64歳までの方は、7月30日・金曜日から、50歳から59歳までの方は、8月10日・火曜日から、予約と接種を開始いたします。

 接種場所は、医療機関での個別接種、地域での集団接種に加えまして、水戸市内にあります、茨城県庁福利厚生棟において、茨城県が行う「大規模接種会場」においても、新たに、日立市民の方のための枠が設けられ、接種が受けられるようになります。

 この茨城県による大規模接種につきましては、広く「18歳以上の方」が対象となり、予約開始は8月6日・金曜日から、そして、接種開始は、8月14日・土曜日からとなります。

 ワクチン接種についての詳細は、市報8月5日号及びこの市報と同時に配布いたします「接種実施医療機関一覧」や、市ホームページでお知らせいたします。

 なお、49歳以下の方につきましては、今後、国のワクチン供給の状況など、ワクチン確保の見通しが明らかとなりましたら、改めてご案内いたします。

 市では、新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束に向け、日立市医師会や各医療機関などとの連携・協力のもと、ワクチン接種の着実な推進に取り組んでまいりますので、市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

注意喚起のお知らせ(7月8日)

 新型コロナウイルス感染症の発症や重症化を予防する効果が期待されております「ワクチン接種」につきまして、本市では、7月1日に、64歳以下16歳までの皆様に、ワクチンの「接種券」をお送りしたところです。

 ワクチン接種の予約と接種の開始時期につきましては、64歳から16歳までの「基礎疾患のある方」及び、「居宅サービス・障害福祉サービス事業所などの従事者の方」は、先にお知らせいたしましたとおり、7月9日・金曜日から、予約と接種を開始いたします。

 しかしながら、全国的なワクチンの供給不足に伴い、予定していたワクチン必要量の確保が困難となりましたことから、池の川さくらアリーナで実施を予定しております集団接種につきましては、使用するワクチンを「ファイザー社製」に変更し、日程を縮小して実施することといたしました。

 また、「基礎疾患のある方」及び、「居宅サービス・障害福祉サービス事業所などの従事者の方」を除く64歳から50歳までの皆様につきましては、当初、「7月14日・水曜日から」とお知らせしておりました、予約と接種の開始日を、延期させていただくことといたしましたので、個別にはがきでお知らせいたします。

 新たな予約と接種の開始日につきましては、今後、国のワクチン供給の状況など、ワクチン確保の見通しが明らかとなりましたら、改めて、別途、個別にご案内いたしますほか、市報や市ホームページなどでお知らせいたします。

 市民の皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。

注意喚起のお知らせ(4月28日)

 全国的に感染の拡大が続いており、日立市におきましても、4月に入ってから急激に感染者が増加しており、4月だけで感染者が80人を超えております。

 また、茨城県の大井川知事は、4月26日、県内で新型コロナウイルスの感染者が急速に拡大し、医療提供体制に影響が出ている状況などを踏まえ、県の対策ステージを「ステージ3」に引き上げると発表しました。

 併せて、大型連休期間中は、他の都道府県との往来を極力自粛するよう求められています。また、帰省を含め、県外にお住まいの方の茨城県への訪問についても控えていただくよう要請されています。

 市民の皆様には、県の要請に基づく行動にご協力をいただくとともに、引き続き、マスクの着用やこまめな手洗い、室内の換気の徹底、そして、ソーシャルディスタンスの確保や密閉・密集・密接の3つの密を避けるなど、感染症予防のより一層の徹底をお願いします。

 また、会食をする場合は、身近な方との4人以内での会食とし、食事をするとき以外はマスクを着用するなど、十分な注意をお願いします。

注意喚起のお知らせ(4月11日)

 日立市では、4月に入ってから、既に40名を超える新型コロナウイルス感染症患者が確認されるなど、県内でも特に感染者が急激に増加しています。さらに、感染力がより高いとされる「変異株ウイルス」の感染も拡大しています。

 市民の皆様におかれましては、全国的に会食をきっかけに感染が拡大する例が増えていますので、会食をする場合は、身近な方との少人数での会食とし、食事をするとき以外はマスクを着用するなど十分な注意をお願いします。

 また、感染力が高いとされる変異株ウイルスについても、マスクの徹底した着用、手洗い、室内の換気の徹底、そしてソーシャルディスタンスの確保や、密閉・密集・密接の3つの密を避けるなど、基本的な予防策をこれまで以上に徹底していただくようお願いいたします。

 あわせて、茨城県からは、東京都など、国のまん延防止等重点措置区域に指定された地域との、不要不急の往来の自粛が呼び掛けられていますので、県の要請に基づく行動をお願いいたします。

注意喚起のお知らせ(2月23日)

 昨日、茨城県は、県独自の緊急事態宣言を本日2月23日から解除すると発表しました。

 また、日立市におきましても、高齢者の方を対象とした施設などを除き、これまで休館としていた市の施設を2月22日から再開しております。

 市民の皆様、そして事業者の皆様には、長期間にわたり不要不急の外出自粛や営業時間の短縮など、感染拡大の防止に、多大なるご理解とご協力をいただき感謝を申し上げます。

 しかしながら、新型コロナウイルスと向き合う日々は、これからも続いてまいります。引き続き、感染拡大の確実な収束に向けて、マスクの着用、こまめな手洗い、消毒、室内換気の徹底、そして、ソーシャルディスタンスの確保や、密閉・密集・密接の「3つの密」を、必ず避けるなどの取組をお願いします。

注意喚起のお知らせ(2月8日)

 現在、全国的に新たな感染者の発生が続いており、茨城県では、2月28日まで、県独自の緊急事態宣言が延長されました。

 日立市においても、今年に入ってから、感染者が増加しており、感染経路の多くは、知人または家庭内、そして職場内となっています。また、高齢者関連施設においても感染者が増えています。

 市民の皆様におかれましては、引き続き、不要不急の外出の自粛、マスクの着用、こまめな手洗い、消毒、室内の換気の徹底、そして、密閉・密集・密接の「3つの密」を必ず避けるなどの取組をお願いします。

注意喚起のお知らせ(2月4日)

 現在、全国的に新たな感染者の発生が続いており、茨城県では、県独自の緊急事態宣言が出されています。

 日立市においても、今年に入ってから、感染者が増加しており、感染経路の多くは、知人または家庭内、そして職場内となっています。また、高齢者関連施設においても感染者が増えています。

 市民の皆様におかれましては、引き続き、不要不急の外出の自粛、マスクの着用、こまめな手洗い、消毒、室内の換気の徹底、そして、密閉・密集・密接の「3つの密」を必ず避けるなどの取組をお願いします。

注意喚起のお知らせ(2月1日)

 現在、全国的に感染の拡大が続いており、茨城県においては、2月7日まで、県独自の緊急事態宣言が出されています。日立市におきましても、今年に入ってから、急激に感染者が増加しており、1月の感染者数は135人となっています。

 感染経路の多くは、知人または家庭内、職場内と考えられています。

 感染の拡大を防ぐためには、一人ひとりの、そして、それぞれのご家庭や職場における感染症対策が、何よりも大切です。

 市民の皆様には、引き続き、不要不急の外出の自粛、マスクの着用、こまめな手洗い、室内の換気、そして、密閉・密集・密接の「3つの密」を必ず避けるなどの取組をお願いします。

注意喚起のお知らせ(1月23日)

 現在、全国的に感染の拡大が続いており、茨城県においては、2月7日まで県独自の緊急事態宣言が出されています。日立市におきましても、1月に入ってから、急激に感染者が増加しており、1月だけで感染者が100人を超えています。

 感染経路の多くは、知人または家庭内、職場内と考えられています。

 感染の拡大を防ぐためには、一人ひとりの、そして、それぞれのご家庭や職場における感染症対策が何よりも大切です。

 市民の皆様には、引き続き、不要不急の外出の自粛、マスクの着用、こまめな手洗い、室内の換気、そして、密閉・密集・密接の「3つの密」を必ず避けるなどの取組をお願いします。

注意喚起のお知らせ(1月22日)

 現在、全国的に感染の拡大が続いており、茨城県においては、2月7日まで県独自の緊急事態宣言が出されています。日立市におきましても、1月に入ってから、急激に感染者が増加しており、1月だけで97人の感染者が確認されています。

 感染経路の多くは、知人または家庭内、職場内と考えられています。

 感染の拡大を防ぐためには、一人ひとりの、そして、それぞれのご家庭や職場における感染症対策が何よりも大切です。

 改めて、家庭内を含むマスクの着用やこまめな手洗い、体調管理の実施、そしてソーシャルディスタンスを十分に確保するとともに、室内の換気を徹底し、密閉・密集・密接の「3つの密」を必ず避けるなど、感染症対策をしっかりと行っていただきますようお願いします。

注意喚起のお知らせ(1月21日)

 現在、全国的に感染の拡大が続いており、茨城県においては、2月7日まで、県独自の緊急事態宣言が出されています。日立市におきましても、1月に入ってから急激に感染者が増加しており、昨日は10人の感染者が確認されました。

 感染経路の多くは、知人または家庭内、職場内と考えられています。

 感染の拡大を防ぐためには、一人ひとりの、そして、それぞれのご家庭や職場における感染症対策が何よりも大切です。

 改めて、家庭内を含むマスクの着用や、こまめな手洗い、体調管理の実施、そしてソーシャルディスタンスを十分に確保するとともに、室内の換気を徹底し、密閉・密集・密接の「3つの密」を必ず避けるなど、感染症対策をしっかりと行っていただきますようお願いします。

注意喚起のお知らせ(1月20日)

 全国的に感染拡大が続いており、茨城県においては、2月7日まで県独自の緊急事態宣言が出されています。日立市におきましても、1月に入ってから感染者の増加が続いており、感染経路の多くは、知人または家庭内、職場内と考えられています。

 更なる感染の拡大を防ぐため、今、一人ひとりの、そして、それぞれのご家庭や職場における感染症対策が何よりも求められています。

 市民の皆様には、引き続き、不要不急の外出の自粛、マスクの着用、こまめな手洗い、室内の換気、そして、密閉・密集・密接の「3つの密」を必ず避けるなどの取組をお願いします。

 併せて、外出の自粛が続き、屋内で過ごす時間が長くなると、体力や運動機能の低下などにもつながりますので、室内でもできるラジオ体操や、人ごみを避けた上でのウォーキングなど、適度な運動を行うとともに、栄養バランスのとれた食事を心がけ、健康の保持・増進に努めましょう。

注意喚起のお知らせ(1月12日)

 1月12日、茨城県は、日立市の「感染拡大市町村」への位置付けを1月20日まで延長すると発表し、引き続き、すべての飲食店を対象とする営業時間の短縮などが要請されました。また、1月20日まで、県内全域の皆さんへの不要不急の外出の自粛も要請されています。

 日立市では、1月に入ってから、既に58名の感染者が確認されており、緊迫した状況が続いています。更なる感染の拡大を防ぐため、今、一人ひとりの、そして、それぞれのご家庭や職場における感染症対策が何よりも求められています。

 特に、全国的に家庭内や職場内で感染が拡大する例が増えていますので、家庭内を含むマスクの着用やこまめな手洗い、体調管理の実施、そしてソーシャルディスタンスを十分に確保するとともに、室内の換気を徹底し、密閉・密集・密接の「3つの密」を必ず避けるなど、感染症対策をしっかりと行っていただきますようお願いします。

注意喚起のお知らせ(1月6日)

 日立市においては、昨日、1月5日、一日あたりの新規感染者数として、最多となる、6名の感染者が確認されました。1月に入ってから、感染者が10名確認されており、短期間で増加しております。

 茨城県においても、感染が拡大している、ひたちなか市など、6市町に不要不急の外出の自粛や、飲食店への時短要請を行うとともに、緊急事態宣言の発令が検討されている東京都など、1都3県との不要不急の往来の自粛を求めております。

 本市におきましては、短期間で、これまでにない感染の広がりを見せておりますので、市民の皆様におかれましては、従来にも増して、マスクの着用や、こまめな手洗い、健康管理の実施、人と人との距離を一定程度取るソーシャルディスタンスの確保、そして密閉、密集、密接の3つの密を必ず避けていただきますとともに、大人数での飲食、長時間におよぶ飲食などについては、感染のリスクが高まる場面として示されておりますので、細心の注意をお願いいたします。

 また、年末年始に、東京都など、感染が拡大している地域を訪れた方、または、感染が拡大している地域からご家族が帰省してこられた方は、十分な体調管理の徹底をお願いいたします。

注意喚起のお知らせ(12月21日)

 茨城県は、昨日12月20日、感染が拡大していた土浦市、つくばみらい市、利根町について、不要不急の外出自粛・営業時間の短縮要請を本日から解除することとしました。

 しかしながら、全国的には感染が拡大している状況にありますので、引き続き、警戒を怠らないように呼びかけております。

 日立市においては、昨日、新たに新型コロナウイルス感染症患者が1名確認され、12月に入ってからの感染者は7名となっております。

 市民の皆様におかれましては、茨城県からの要請に基づき、年末年始を迎えるにあたり、県外のご家族が帰省する際は、感染防止対策を徹底していただくこと、また、感染が拡大している東京や神奈川、埼玉など10の都道府県への移動、滞在は、特に注意するようお願いいたします。

 併せて、マスクの着用やこまめな手洗い、健康管理の実施、密閉、密集、密接の3つの密を避けていただきますとともに、大人数での飲食、長時間におよぶ飲食などについては、感染のリスクが高まる場面として示されておりますので、細心の注意をお願いいたします。

注意喚起のお知らせ(12月13日)

 12月12日、日立市内で新たに3名の感染者が確認されました。市内では、12月6日からの7日間で新たな感染者が6名となり、短期間で感染者が増加しております。

 また、大井川知事は、土浦市、つくばみらい市、利根町を改めて、感染拡大市町村と位置づけ、12月14日から12月20日までこれらの地域への外出が必要な場合は、感染の防止のため適切な対策を取るよう要請がありました。

 市民の皆様におかれましては、引き続き、マスクの着用やこまめな手洗い、健康管理の実施、密閉、密集、密接の3つの密を避けていただきますとともに、特に、年末年始を迎えるにあたりまして、大人数での飲食、長時間におよぶ飲食などについては、感染のリスクが高まる場面として示されておりますので細心の注意をお願いいたします。

注意喚起のお知らせ(12月4日)

 12月3日、茨城県は、常総市を、新たに「感染拡大市町村」に追加すると発表しました。これにより、茨城県からは、12月13日まで、土浦市、つくば市、つくばみらい市、牛久市、取手市、境町、阿見町、かすみがうら市、古河市、鹿嶋市、坂東市、そして常総市への外出が必要な場合は、感染の防止のため、適切な対策を取るよう、要請されています。

 市民の皆様におかれましては、改めて、マスクの着用や、こまめな手洗い、健康管理の実施、密閉、密集、密接の、3つの密を避けるとともに、大人数での飲食、長時間におよぶ飲食などについては、感染のリスクが高まる場面として示されていますので、十分な注意をお願いいたします。

 日立市といたしましても、引き続き、市民の皆様とともに、感染拡大の防止に取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力を、お願いいたします。

注意喚起のお知らせ(12月3日)

 12月2日、茨城県の大井川知事は、鹿嶋市、坂東市を、新たに「感染拡大市町村」に追加すると発表しました。これにより、茨城県からは、12月13日まで、土浦市、つくば市、つくばみらい市、牛久市、取手市、境町、阿見町、かすみがうら市、古河市、そして、鹿嶋市、坂東市への外出が必要な場合は、感染の防止のため、適切な対策を取るよう、要請されています。

 市民の皆様におかれましては、改めて、マスクの着用や、こまめな手洗い、健康管理の実施、密閉、密集、密接の、3つの密を避けるとともに、大人数での飲食、長時間におよぶ飲食などについては、感染のリスクが高まる場面として示されていますので、十分な注意をお願いいたします。

 日立市といたしましても、引き続き、市民の皆様とともに、感染拡大の防止に取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力を、お願いいたします。

注意喚起のお知らせ(12月1日)

 11月30日、茨城県の大井川知事は、古河市を、新たに「感染拡大市町村」に追加すると発表しました。これにより、茨城県からは、12月13日まで、土浦市、つくば市、つくばみらい市、牛久市、取手市、境町、阿見町、かすみがうら市、そして古河市への外出が必要な場合は、感染の防止のため、適切な対策を取るよう、要請されています。

 市民の皆様におかれましては、改めて、マスクの着用や、こまめな手洗い、健康管理の実施、密閉、密集、密接の、3つの密を避けるとともに、大人数での飲食、長時間におよぶ飲食などについては、感染のリスクが高まる場面として示されていますので、十分な注意をお願いいたします。

 日立市といたしましても、引き続き、市民の皆様とともに、感染拡大の防止に取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力を、お願いいたします。

この記事についてのお問い合わせ

日立市

0294-22-3111(代表)
050-5528-5000(代表)
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。