×
閉じる

ページID
P086222

令和2年7月1日(水曜日)

ページID
P086222

「新しい生活様式」における熱中症の予防と対処について

令和2年7月1日(水曜日)

 今年の夏は、新型コロナウィルス感染症を想定した「新しい生活様式」が示され、これまでと異なる生活環境であることから、例年以上に熱中症に気をつけることが重要です。
 「熱中症 」は高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

1 こんな人は特に注意

  • 高齢者・幼児
  • 持病のある人
  • 体調の悪い人
  • 暑さに慣れていない人

2 熱中症の症状 

軽い症状

  • めまいや立ちくらみ
  • 汗がどんどん出る
  • 筋肉のけいれん(こむらがえりなど) 

やや重い症状

  • だるい(倦怠感)
  • 頭痛
  • 吐き気や嘔吐

重い症状

  • 意識不明
  • 言動がおかしい
  • ふらふらしている
  • 体温が高い
  • ひきつけを起こす

                                                                                                     

3 熱中症は予防が大切です

暑さを避けましょう

  • 扇風機やエアコンで部屋の温度を調整する。
  • 感染症予防のため、換気扇や窓の開放によって換気をしつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整する。
  • 暑い日や暑い時間帯には無理をしない。
  • 涼しい服装にする。
  • 急に暑くなった日には特に注意する。

適宜マスクをはずしましょう

  • 気温や湿度の高い中でのマスク着用には注意する。  
  • 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合にはマスクをはずす。    
  • マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、マスクを外し休憩する。 

こまめに水分を補給しましょう

  • のどが渇く前に水分補給をする。
  • 1日当たり1.2リットルを目安に水分補給する。
  • 大量に汗をかいた時は塩分も忘れず補給する。                                                                                                                                      

日頃から健康管理をしましょう

  • 日頃から体温測定と健康チェックをする。
  • 体調が悪いと感じた時は無理せず自宅で静養する。

暑さに備えた身体づくりをしましょう

  • 暑くなり始めの時期から無理のない範囲で適度に運動をする。

4 熱中症になった時の処置

軽い症状で意識があり、正常な反応ができる時

〇涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす→水分・塩分を補給する。
 ※ただし、症状が回復しないときは医療機関を受診しましょう。
 ※水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は、直ちに救急車を呼びましょう。

意識がない、反応がおかしいなど、重い症状の時

〇救急車を要請→涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす→医療機関に搬送する。

ファイルダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部健康づくり推進課

0294-21-3300
050-5528-5180
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-27-2112
kenko@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-15-15

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。