×
閉じる

ページID
P085284

令和2年5月7日(木曜日)

ページID
P085284

【保健センターからのお知らせ】赤ちゃんのお風呂の入れ方について

令和2年5月7日(木曜日)

赤ちゃんのお風呂(沐浴)の入れ方をご紹介します!

 新型コロナウイルス感染症の影響により、保健センターで開催されている「プレパパ・ママの子育てスクール」などが中止となっています。

そこで今回は、参加できなかった皆さんやこれから出産を迎える皆さんに「お風呂(沐浴)の入れ方」を動画でご紹介します。

沐浴の効果

 ・身体をきれいにします。

 ・血液の流れを良くし、新陳代謝を高め成長を促します。

沐浴の時間帯

 ・授乳直後、空腹時は避けましょう。

 ・あまり遅い時間帯は避けましょう。

こんなときは沐浴をやめましょう!

 ・体温が37.5度以上あるとき

 ・体調が悪く、元気がないとき

 ・下痢がひどいとき

必要なもの

 ・ベビーバス

 ・お湯 ※夏:38~39度 冬:40度

 ・洗面器(顔を拭くとき、かけ湯のとき使う)

 ・せっけん

 ・湯温計

 ・ガーゼのハンカチ2枚(顔用と身体用)

 ・沐浴布(大きめの手ぬぐいまたは薄目のタオル)

 ・バスタオル1枚

 ・清潔な服1組

 ・綿棒(赤ちゃん用の細いもの)

沐浴の手順 ※詳しくは動画をご覧ください。

 沐浴布をかけてから、赤ちゃんを抱いて、足から入れます。

 はじめに、お湯を含ませたガーゼで顔全体を拭いてあげましょう。

 ・目尻から目頭を拭きます。

 ・額からあごにかけて、3の字を描くように拭きます。

 

  次に、赤ちゃんの身体を洗っていきましょう。

 ・はじめに、頭を洗います。

  爪を立てないように気をつけながら洗いましょう。

  ガーゼを使って泡を流します。

 ・首を洗います。

 ・胸とお腹を、円を描くように洗います。

 ・手足を洗います。

 ・くびれている部分は、丁寧に洗ってあげましょう。

 ・右手に持ちかえて、左手で背中とおしりを洗います。

  首の後ろも忘れずに洗いましょう。

 ・股とお尻は、丁寧に洗ってあげてください。

 ・最後に足元から上がり湯をかけます。

  お湯からあげるときは、赤ちゃんを振らないでくださいね。

 ・バスタオルで、優しく押し拭きします。

 

 最後に、服を着せて、髪を整えます。時々で良いので、綿棒で鼻や耳もきれいにしてあげてくださいね。

 ぜひ、参考にしていただき、赤ちゃんとの楽しいふれあいの時間にしてください!

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部健康づくり推進課

0294-21-3300
050-5528-5180
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-27-2112
kenko@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-15-15

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。