×
閉じる

ページID
P074856

令和2年3月25日(水曜日)

ページID
P074856

新生児聴覚検査費用の一部助成をします

令和2年3月25日(水曜日)

新生児聴覚検査とは

 生まれてすぐのあかちゃんに聴覚検査の疑いがないかを調べる検査のことです。聴覚検査を持つ赤ちゃんは1,000人に1~2人は、生まれつき聞こえの障害をもつと言われています。早く発見して適切な支援を受けることで、赤ちゃんの言葉の発達を促し、情緒や社会性を育てることができます。お子さまのすこやかな成長のため、ぜひこの検査を受けましょう。検査はできるだけ退院前に、出産した医療機関等でお受けください。

対象者

 聴覚検査を受けた日に日立市に住民登録のある新生児の保護者

検査内容

 初回検査は、自動聴性脳幹反応検査(自動AABR)または耳音響放射検査(OAE)いずれか1回助成します。※検査の結果、リファー(再検査)となった場合、確認検査を1回助成します。  

助成額

 自動ABR検査・・・上限3,000円、OAE検査…上限2,000円  

 ※上限額を超える場合は自己負担になります。

助成の受け方

 新生児聴覚検査受診票(オレンジ色)は、妊娠届出時の際にお渡しする母と子の健康のしおり(妊産婦健康診査受診票)の中につづられています。

 【県内の医療機関等で出産されるかた】

 出産時に受診票をご持参いただき、退院時に医療機関等へご提出ください。

 【県外の医療機関等で出産されるかた・医療機関で助成を受けられなかったかた】

 受診票が使用できません。

 聴覚検査費用を全額お支払いいただき、その後日立市に申請することで助成額を還付いたします。

 手続きに必要なものは、次の通りです。

 (1)母子健康手帳

 (2)医療機関で発行された領収書および診療明細書

 (3)未使用の新生児聴覚検査受診票(オレンジ色) 

 (4)通帳(振り込みのため、金融機関口座番号が必要になります)

 (5)印鑑

 申請窓口

  〒317-0065 日立市助川町1-15-15  日立市健康づくり推進課(保健センター)

  電話 0294-21-3300  IP電話 050-5528-5180

  平日 午前8時30分から午後5時15分まで 

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉部健康づくり推進課

0294-21-3300
050-5528-5180
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-27-2112
kenko@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-15-15

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。