Loading

全校朝会 校長先生のお話より 「当たり前を当たり前と思わない」

全校朝会 校長先生のお話より 「当たり前を当たり前と思わない」

8月4日(火曜日)、全校朝会が、放送で行われました。そのときの校長先生のお話を載せます。みんなで考えてもらいたい事ですので、ご家庭でも大切なことを話し合っていただければ幸いです。

花毎朝の清掃

毎朝、きれいな花が出迎えてくれる。毎朝、階段を清掃してくれるボランティアのメンバーがいる。…これが会瀬小です。

当たり前を当たり前と思わない

 みなさんの家では、朝、起きると、朝ご飯が用意されていますか?みなさんのほとんどの家では、きちんとごはんを食べることができて、そんなことは当たり前だと思っていることでしょう。
 ごはんを食べ終わると歯を磨いて、登校班で学校へ向かうことでしょう。学校へ向かう途中には、防犯サポーターのおじいさんたちが「おはよう」と声をかけてくれて、安全に通学できることも、立哨で立ってくださっているお母さんが、「いってらっしゃい」と声をかけることも、きっと当たり前のことと思っているでしょうね。
 そんな当たり前のことを一生懸命にやってくれる人たちに、みなさんは何を返していますか?
 今日は、「朝ご飯は当たり前だから、返すことなど何もないよ。」「防犯サポーターがあいさつをするのは当たり前だから、返すことなど何もないよ」と思っている人へのお話です。
 校長先生は、人生が長いので、いろいろなご家庭の小学生を見てきました。幸せな家庭の子供たちから、それこそ、朝ご飯を食べられない子供たちまでいろいろです。防犯サポーターの人たちもそうです。会瀬小のように、毎朝、声をかけてくれる学校や、防犯サポーターが一人もいない学校までいろいろ経験しました。
 そこで感じたことは、防犯サポーターの人たちが声をかける地域は、泥棒や不審者が少ない地域だということです。街の人たちが「おはようございます」「こんにちは」と、声をかける地域では、泥棒も、「ここでは声をかけられるから、仕事がやりづらいなあ…」と、諦めるそうです。まして、不審者などは、「こんにちは」と声をかけられることが怖い人たちです。こっそりと悪いことをしたいのです。
 防犯サポーターの人たちや、立哨のお母さんたちが「がっかり」することは何だと思いますか。…もう、頭のいい皆さんなら良く分かっていることでしょう。みなさんがあいさつを返さず、知らん顔をすることです。…もし、防犯サポーターの方々が、「会瀬小学校の子供たちはイヤな子供たちだ。もうやめた!」と次々にやめてしまったらどうでしょう。立哨に立って旗を振ってくれるお父さんお母さんが、「会瀬小学校の子供たちに、朝早く忙しい思いをして立哨をしているのに、不愉快になるからやめた」と言ってやめてしまったらどうでしょう。
 今まで、「おはよう」と声をかけられてきた皆さんが、今度は知らない怖いお兄さんに「きみ、ひとりなの?」と声をかけられる街になってしまうかもしれません。また、泥棒があちこちの家に入って財産を持ち去り、朝ご飯を食べられないことになってしまうかもしれません。
 皆さんは、学校評価アンケートで、このような意見が学校に寄せられていることを知っていますか。
「朝、立哨をしていて、あいさつできる子が少ないと思います。防犯サポーターの方の声かけにも反応がないので、あいさつはできた方が気持ちがよいと思います。」
 これは、もう、会瀬小学校の危険信号かもしれません。
 今年は短い夏休みですが、当たり前を当たり前だと思わないで、皆さんの元気を、周りの人たちに「あいさつ」で分けてあげてください。きっと、回り回って、自分たちが安心して暮らせる「当たり前の生活」に返ってくると思います。人と人との関係は、自分がしてあげたことが、自分に返ってくる「鏡」のようなものですから、相手が気持ちよいと思うことを、この夏休みに皆さんの周りの人たちに、どんどんしてあげられる夏休みにしてください。

 毎朝の水あげボランティア

毎日水をあげて、こつこつと育てている子供たちがいる。毎日、こつこつと学校をきれいにしてくれる子供たちがいる。

大輪の花を咲かせるいつか大輪の花が咲くまで…

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
会瀬小学校
代表電話番号
0294-35-6528
ファクス番号
0294-36-6310
メールフォーム
メールフォーム

ページの先頭へ戻る

日立市立会瀬小学校

住所
〒317-0076 茨城県日立市会瀬町2−17−10
電話
0294−35−6528
FAX
0294−36−6310

本校の維持運営にあたり電源立地地域対策交付金を活用しています。