Loading

修学旅行代替の校外学習 6年生は笠間、水戸、ひたちなか市を訪ねる旅をしてきました。その3

修学旅行代替の校外学習 6年生は笠間、水戸、ひたちなか市を訪ねる旅をしてきました。その3

10月6日(火曜日)、6年生は中止となってしまった修学旅行に代わる校外学習へ行って参りました。方面は笠間、水戸、ひたちなか…内容は、笠間で「手びねり体験」と「陶芸美術館見学」、水戸のホテルで豪華昼食、ひたちなか市では、国立ひたち海浜公園でグループ毎に自由行動でした。一生の思い出になったかな?その3です。

別室でも制作開始真剣です。

大きな塊の粘土をいただいて制作開始です。まずはどちらのクラスでもペタンペタンと粘土をこねるところから始まります。

悩んでいますイイネ

丸くして肉まん状態にする人、平たくして余分なところを切り落とす子…みんな(一応)考えてきた作品作りに夢中です。

楽しみ出来そう

上手に平らにしましたね。厚みが1cmか、5mmかで少々迷いましたが、きっとどちらでもきれいにできあがりますよ。

グループ集中です

激しくこねる子がいたり、優しく粘土をひねり出す子がいたり…粘土のベテランになった6年生は、思い思いの方法で作品を仕上げていきます。

いいぞ丸くなりました

だいぶ完成に近づきましたね。見事な食器ができてきました。きっと一生の思い出となって、飾られ続けるのでしょうね。

どうやるの?こねる

制作している間、ペタンペタンといい音が出ます。あれ? 粘土の板から作り直しですか?がんばれ!!

角を立てる面をつくる

大きなお皿が出来ていますね。だいぶ完成に近づきました。板から作り直していた子も、高速ジェットのように、どんどん完成形に近づけていきます。

いぇーい相談相談

「私は何を作っているか分かりますか?」と尋ねられ、たじたじになってしまいました。(きっとリンゴのデザインだとは思うのだけど…??)「うーん分かる、あれだよね、あれ」…かみ合わない会話で困りました。

オリジナルがすごいもくもくと取り組む

今日の作業は、粘土の成形までで、この後自然乾燥になるそうです。釉薬(ゆうやく)をかけて、楽しい作品が完全に仕上がるのは2ヶ月後だそうです。子供たちは、6種類の色から自分の好きな色を選び、釉薬をかけてもらって窯(かま)に入れ、焼いてもらいます。…楽しみですね。その4へ続く。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
会瀬小学校
代表電話番号
0294-35-6528
ファクス番号
0294-36-6310
メールフォーム
メールフォーム

ページの先頭へ戻る

日立市立会瀬小学校

住所
〒317-0076 茨城県日立市会瀬町2−17−10
電話
0294−35−6528
FAX
0294−36−6310

本校の維持運営にあたり電源立地地域対策交付金を活用しています。