Loading

こうして伝統は作られる 6年生から5年生へ リレーのバトンはつながれる。

こうして伝統は作られる 6年生から5年生へ リレーのバトンはつながれる。

11月上旬より、6年生が5年生に向けて、リレーのバトンの受け渡しについて教えてきました。スポーツ集会の最後を飾る6年生による紅白リレーで、すばらしいバトンパスを下級生に披露して、最上級生の素晴らしさを教えてくれました。今度は下級生に教えて、美しいバトンパスが伝統となるようにがんばっています。

教えてあげる手本を見せる

10月23日に行った「スポーツ集会」でしたが、最後の6年生の紅白リレーの美しさは、誰もが記憶に残っていることでしょう。

バトンの受け渡し手の出し方

その上手なバトンパスを、6年生から5年生へと教える時間を体育で設けてくれました。

受け継ぐ伝統練習あるのみ

手の出し方から、タイミングの取り方まで、…丁寧な指導で5年生に教えます。

受け継ぐ練習教えてあげよう

上手な受け取り方は、手の平の向きにかかっている…など、6年生は詳しく教えてくれます。

女子も走る手の出し方

5年生の手の出し方が練習と共に変わっていきます。これはまだはじめの方ですね。

教えるのも一生懸命何度も練習

一人一人に丁寧な指導をしてくれます。さすが6年生は違いますね。5年生も吸収が速い!

バトンあるのみさあ、練習

みんなでチーム毎に課題解決にむけて練習を重ねます。

最後はリレーに向けて最後はリレーで締める

そして、練習の後は、6年生対5年生のリレーが始まります。5年生はどこまでついて行けるか?

試合だつなぐぞ

でも、練習を重ねてきた6年生に引き離されます。やっぱり6年生は速いなあ。

かっこいいかっこいい

5年生も、上手にバトンをつなぐ子もいますが、6年生はその先を行きます。

5年生と結構な差6年生は早かった

がんばれ-!! 声援が飛びます。でも、1周の差をつけられてしまいました。6年生にはまだまだ届きません。

こんな「よさ」を受け継ぐために練習を重ねることが、子供たちにとって大きな学びとなります。教える6年生にも…教わる5年生にも…

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
会瀬小学校
代表電話番号
0294-35-6528
ファクス番号
0294-36-6310
メールフォーム
メールフォーム

ページの先頭へ戻る

日立市立会瀬小学校

住所
〒317-0076 茨城県日立市会瀬町2−17−10
電話
0294−35−6528
FAX
0294−36−6310

本校の維持運営にあたり電源立地地域対策交付金を活用しています。