催し物

2030年の削減目標を実現するには、あまりにも時間がない。

日立市域で「作神さま」として講が組まれ行われてきた庚申講と、その信仰の成り立ちや日立市域で行われてきた庚申風習などを紹介します。

日立市の山地と台地に刻まれた地形は、大地の変化の名残です。

常磐線大甕駅あたりから南へ久慈川橋梁までの移り変わりをお話します。

国指定史跡長者山遺跡について、郷土博物館の職員が現地ガイドを行います。

「ぬり絵で博物館を楽しんじゃおう!」をコンセプトにした「ぬりはく」を開催ます!ぬり絵が完成したら、「#ぬりはく」でSNSにアップしてみよう!

ページの上部に戻る