×
閉じる

ページID
P108017

(金曜日)

ページID
P108017

特別救助隊合同訓練の実施【令和4年8月】

(金曜日)

特別救助隊

 令和4年8月5日、日立・南部各消防署訓練場において特別救助隊が訓練を行いました。

 高所で身動きが取れなくなった要救助者を救助する想定で、三連はしご、救助ロープ、バスケット担架などを活用した、「応急はしご救助」「はしご水平救助第一法」「はしご水平救助第二法」という救助方法を行いました。

 3種類の救助方法は高所救助では基本の救助方法で、安全、確実、迅速な活動の再確認をすることが出来ました。

応急はしご一法

      【応急はしご救助】            【はしご水平救助第一法】

一法2二法

     【はしご水平救助第一法】        【はしご水平救助第二法】

※三連はしごとは??? 

 引き綱(ロープ)を引くことで二連目はしごと三連目はしごが伸び、はしごの長さを約3mから最長約9mまで変えることがことができる伸縮式のはしごです。必要な長さに設定し、救助活動や消火活動に使用しています。(製造会社により多少、長さに違いは有ります。)

日立市消防本部救助隊

 日立市消防本部救助隊は、都市化の進展、社会経済の発展、市民の生活様式等の変化により、災害及び事故の形態も複雑多様化し、人命の危険性が増大する中、市民の安全安心を確保するため救助隊長以下64名で、高度救助隊・特別救助隊・水難救助隊を編成し、各種災害に対応しています。 

高度用ワッペン特別用ワッペン水難用ワッペン

  【高度救助隊員用ワッペン】 【特別救助隊員用ワッペン】 【水難救助隊員用ワッペン】 

令和4年11月 第6回緊急消防援助隊全国合同訓練について                   

緊急消防援助隊全国合同訓練に興味がある方はこちらをご覧ください。

https://www.fdma.go.jp/mission/prepare/rescue/post-12.html#kinshoutai01

この記事についてのお問い合わせ

消防本部警防課

0294-24-0119
050-5528-5166
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-0102
hfd-keibo@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市神峰町2-4-1

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。