Loading

×
閉じる

ページID
P000478

平成20年12月10日(水曜日)

ページID
P000478

乳児の心肺蘇生法

平成20年12月10日(水曜日)

乳児の心肺蘇生法

注意:一連の動作は、成人と同じですが、違いのある点は(補足)のとおりです。

1 反応(意識)を確認します

乳児 反応の確認2

声を掛けながら反応があるか確認します
「名前を呼ぶ」など
(補足)足の裏を刺激して確かめることも有効です

2 大きな声で助けを呼びましょう

乳児 助けを呼ぶ

「誰か来て!子供の反応がないです!」
「あなたは119番へ通報してください」
「あなたはAED(自動体外式除細動器)を持ってきて下さい」

3 呼吸の確認をします

乳児 呼吸の確認

普段どおりの呼吸を、胸や腹部の上がり下がりを見て10秒以内で確認します

4 胸骨圧迫から心肺蘇生をはじめます

乳児 胸骨圧迫

胸骨圧迫は30回、胸の真ん中を「強く・速く・絶え間なく」
人工呼吸は1秒にかけて胸の上がりが見える程度に息を吹き込みます
(補足)胸骨圧迫の深さは、乳児は「胸の厚さの約3分の1」です
(補足)胸骨圧迫の方法が、乳児は「2指」です
(補足)人工呼吸の方法が、乳児は「口対口鼻人工呼吸」です
(補足)人工呼吸は準備はでき次第開始すること

5 AEDが到着したら、電源を入れ音声に従います

AED乳児

絵の通りにパッドを胸に貼ります。
声をかけて安全を確認し、ショックボタンを押します。
(補足)小児用電極パッド(モード)は未就学児(おおよそ6歳未満)に使用する。
(補足)成人用電極パッド(モード)は未就学児以外または小児用パッド(モード)がない場合に使用します。
(補足)年齢により異なるので注意しましょう。

小児用電極パッド
小児用電力パッド
成人用電極パッド
成人用電力パッド

6 新派蘇生をはじめます

胸骨圧迫2

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を継続します
救急隊に心肺蘇生を引き継ぐまで続けます
(補足)電極パッドは、はがさずそのまま心肺蘇生をつづけます

心肺蘇生法を中止するのは

  • 救急隊に心肺蘇生法を引き継いだとき。
  • 傷病者が動き出す、うめき声を出す、普段どおりの息(正常な呼吸)をし始めたとき。

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

消防本部警防課

0294-24-0119
050-5528-5166
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-0102
hfd-keibo@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市神峰町2-4-1

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。