×
閉じる

ページID
P108070

(火曜日)

ページID
P108070

自動火災報知設備誤作動(非火災報)の留意事項について!

(火曜日)

自動火災報知設備とは

 自動火災報知設備は、建物内に設置された感知器が火災による熱や煙等を早期に感知し、自動的に警報ベル等で建物内の人たちに火災を知らせるもので、火災初期に消火・通報・避難の行動を促し火災による被害を軽減させることができる設備です。また、発信機のボタンを押すことで手動により火災を知らせることもできます。

【自動火災報知設備概略図】

自動火災報知設備概略図

自動火災報知設備が作動した場合の対応

 受信機(周辺に設置された警戒区域図含む)で作動した区域を特定し、その区域の状況を確認してください。火災と確認できれば、すぐに消火・通報・避難の行動をとってください。
 状況が分からない場合は、迷わず119番通報をしてください。

 確認の結果、火災でないことが確定した場合は、以下の手順を行ってください。

  1. 受信機にある主音響と地区音響のスイッチ等押し、警報音を停止させる
  2. 復旧スイッチを押す
  3. 主音響と地区音響のスイッチを元に戻す

 誤作動が発生した場合、関係者の方は作動した感知器の設置状況や環境を確認して、必要に応じ消防用設備業者に調査を依頼してください。

自動火災報知設備の誤作動の主な発生要因

 自動火災報知設備は、火災以外でも以下の要因によって誤作動することがあります。

  1. 自然環境の要因
    〇雷・強風・急激な気圧の低下によるもの
    〇雨天の高湿度で発生した結露によるもの
  2. 機能上の要因
    〇虫やほこりが感知器の内部へ侵入することによるもの
  3. 維持管理上の要因
    〇建物の雨漏れ等に伴う配線の損傷や感知器への水の侵入によるもの
    〇経年劣化によるもの
  4. 人為的な要因
    〇空調の熱又は風によるもの
    〇使用機器(ストーブ等)の熱によるもの
    〇調理に伴う煙・熱・蒸気(結露)によるもの
    〇工事等の粉塵によるもの
    〇いたずらによるもの

誤作動が続くと・・・

 自動火災報知設備の誤作動が頻繁に発生すると、警報ベルなどが鳴っても火災とは思わず、次第に無関心になっていきます。この状態で本当に火災が発生した場合、消火・通報・避難の遅れにより建物内の人たちが命を落とすことにもなりかねません。

 誤作動を繰り返さないように定期的に点検を実施するとともに、誤作動の要因をできるだけなくし、自動火災報知設備の適正な維持管理をお願いします。

自動火災報知設備の非火災報対策(一財)日本火災報知機工業会(新しいウインドウが開きます)

・ 総務省消防庁リーフレット 「消防用設備等には定期点検が必要です」

この記事についてのお問い合わせ

消防本部予防課

0294-24-0119
050-5528-5166
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-0102
hfd-yobo@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市神峰町2-4-1

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。