Loading

×
閉じる

ページID
P086049

令和2年6月3日(水曜日)

ページID
P086049

飛沫防止用のシートに係る留意事項について

令和2年6月3日(水曜日)

飛沫防止用シートの取扱いに注意しましょう!

 今般の新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、レジカウンター前や受付前に飛沫防止用のシートの設置が増えています。

 先日、他県の商業施設において、客が購入したライターを点火したところ、飛沫防止用のシートに着火する火災が発生しました。シートの材質によっては、着火・燃焼しやすいものがあることから、下記のポイントを参考に火災予防に注意してください。

 シート

 

 火災発生を防ぐ4つのポイント

  1. 火気使用設備・器具、白熱電球等の熱源となるものの近くには原則設置しないようにしてください。
    ただし、これらの近くに設置することが感染予防対策上必要な場合は、燃えにくい素材(難燃性・不燃性・防炎製品など)を使用してください。また、同じ素材であれば薄いフィルム状のものに比べ、板状のものの方が防火上望ましいです。
  2. スプリンクラーヘッドや自動火災報知設備の感知器の付近に設置すると、火災が発生した際に散水障害となる場合や火災を感知しない場合があります。必要に応じて設備から距離や間隔を開けるようにしてください。
  3. 避難口や誘導灯が見えにくくなるなど、避難の支障とならないように設置してください。
  4. 必要に応じて難燃性又は不燃性のものを使用してください。 
     
    【燃えにくい素材の考え方】
    ポリ塩化ビニール製やポリカーボネート製のものが比較的燃えにくい素材であると考えられます。
    難燃性・不燃性・防炎製品などの情報は、製造者等の製品仕様を確認することが望ましいです。
    [参考]
     シート類については、(公財)日本防炎協会が定める防炎性能基準に適合するものが防炎製品として認定されているものがあり、防火製品として認定された製品や材料には防火製品ラベルが貼付されています。         

防炎ラベル       防炎ラベル2
                    [防炎製品ラベルの例] 

詳細については、各業種の感染拡大予防ガイドラインを参考にしてください。

                                               火気厳禁         

この記事についてのお問い合わせ

消防本部予防課

0294-24-0119
050-5528-5166
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-22-0102
hfd-yobo@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市神峰町2-4-1

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。