Loading

×
閉じる

ページID
P065695

平成30年2月5日(月曜日)

ページID
P065695

非常時のための備えをしましょう!

平成30年2月5日(月曜日)

非常用持出品を準備しましょう !

準備のポイント 

  • 災害発生時に最初に持ち出す「非常持出品」と、ライフラインなどが復旧するまでの数日間を支える「非常備蓄品」に分けて用意しましょう。
  • 乳幼児がいる家庭は離乳食や粉ミルク、要介護者がいる家庭はおむつや補助具など、各家庭の事情に合わせて準備しましょう。
  • 重すぎると避難の支障になることもあるため、最低限の品をかさばらないようにコンパクトにまとめましょう。
  • 玄関や勝手口などすぐに持ち出せる場所に保管しましょう。
  • 災害発生から3日は、行政やほかの地域からの援助が期待できないため、非常備蓄品は最低3日分を各家庭で準備しましょう。
  • 一度準備して安心してしまうのではなく、使用するときに支障がないよう定期的に点検する。特に食品や飲料水は、賞味・消費期限を随時チェックして入れ替えていくことが大切です。

非常持出品の例

 □非常食

□飲料水

□戸別受信機(予備の電池)

□懐中電灯(予備の電池・電球)

□ヘルメット・防災ずきん

□救急医薬品

□常備薬

□現金

□健康保険証のコピー

□ろうそく・ランタン

□ライター、マッチ

□ナイフ、缶切り、栓抜き

□ティッシュ、ウェットティッシュ

□タオル

□ビニール袋

□上着・下着

□軍手

□シート  

非常備蓄品の例

 □食品(缶詰、チョコレート、あめなど)

□水(1人あたり1日3リットル、3日分)

□燃料(卓上コンロ、固形燃料、予備のガスボンベなど)

□毛布、タオルケット、寝袋など

□洗面用具

□鍋、やかん

□簡易食器(割りばし、紙皿など)

□ラップ、アルミホイルなど

□ウェットティッシュ、トイレットペーパー

□マスク、使い捨てカイロ

□簡易トイレ

□工具類(ロープ、バール、スコップなど)

この記事についてのお問い合わせ

総務部生活安全課

0294-22-3111(内線 340 520 571)
050-5528-5045
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-21-7000
anzen@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎4階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。