×
閉じる

ページID
P109300

(水曜日)

ページID
P109300

日立市総合防災訓練を実施します。

(水曜日)

「日立市総合防災訓練」 「津波防災講演会」を実施します!

  日立市では、11月5日の「津波防災の日」に合わせて、『日立市総合防災訓練』を実施します。

 近年、全国的に頻発する大規模な豪雨災害に備えるため、昨年度整備した神田町洪水避難タワー等を活用し、河川氾濫を想定した防災訓練を実施することで、市民の避難力強化を図ります。
 また、市の防災訓練に併せて、日立市地域医療協議会が主催する大規模災害事故対策訓練を合同で実施し、防災関係機関の技能向上と市民の防災意識の向上を図ります。

 また、前日11月4日には、東日本大震災の津波から避難した体験を語り継ぐ「津波防災講演会」を開催します。

 自然災害はいつも突然にやってきます。
 災害から身を守るため、「津波防災の日」をきっかけに、今一度「災害への備え」を考える機会にしてみてはいかがでしょうか。 

 ※災害の発生状況等の影響で、訓練を中止する場合があります。

日立市総合防災訓練

実施日時

  令和4年11月5日(土) 午前8時00分~正午

対象地区

 坂下及び久慈学区にお住まいの方はぜひご参加ください。

訓練想定

 大型で猛烈な台風第33号は、勢力を維持したまま日本列島に接近、関東地方の山沿いを中心に多いところでは降り始めからの総雨量が300mmを超え、特に久慈川上流域では記録的な大雨となり、久慈川及び茂宮川の水位が上昇、上流の観測所で11月5日午前7時00分頃には避難判断水位に達し、午前10時00分頃には氾濫危険水位への到達が予想されており、河川氾濫の危険性が高まっている。
 災害対策本部を設置している市は、避難所の開設準備を開始するとともに、気象及び河川状況を踏まえ、午前8時30分に久慈川・茂宮川流域の浸水想定区域の住民に対し警戒レベル3「高齢者等避難」を発令する。
 また、午前9時00分に警戒レベル4「避難指示」を発令し、久慈川・茂宮川流域住民の避難を開始する。

 一方、神峰町において、降雨による土砂崩れが発生。一般住宅と車両複数台が巻き込まれ多数の負傷者が発生している。

訓練スケジュール等

訓練時間

会 場

訓練内容

8:00~

10:00

日立市役所防災センター

(一般見学不可)

【災害対策本部運営訓練】

・これまで整備してきたシステムや資機材を駆使した災害対策本部の運営を行い、災害対応力の向上を図ります。

8:30に警戒レベル3『高齢者等避難』、9:00に警戒レベル4『避難指示』の避難情報を発令します。

8:30~

9:45

神田町洪水避難タワー

【住民避難訓練】

・市が発信する避難情報をもとに住民の避難訓練を実施します。
・逃げ遅れた住民が、昨年度整備した洪水避難タワーに避難します。

8:30~

11:45

久慈川日立南交流センター

【住民避難訓練・防災講座】

・市が発信する避難情報をもとに住民の避難訓練を実施します。
・逃げ遅れた住民が、久慈川日立南交流センターに昨年度整備した避難階段を使用して、屋上に避難します。
・10:30から気象予報士(福嶋アダム氏、熊谷琴葉氏)によるマイタイムライン講習会を実施します。

8:00~

11:45

久慈中学校

【住民避難訓練・避難所開設訓練・防災講座】 

・市が発信する避難情報をもとに住民の避難訓練を実施します。
・市担当職員と久慈学区コミュニティ推進会による避難所開設・運営訓練を実施し、8:40頃から避難者を受け入れます。
・10:30から水戸地方気象台による、「自然災害への備え」に関する防災講座を実施します。

※体育館内・グランドでは、企業・自衛隊等による防災関連ブースの出展があります。詳細は、下記「出展ブース」をご覧ください。 

8:00~

10:30

坂本小学校

【住民避難訓練・避難所開設訓練・防災ヘリ訓練】

・市が発信する避難情報をもとに住民の避難訓練を実施します。
・市担当職員と坂下地区コミュニティ推進会による避難所開設・運営訓練を実施し、8:40頃から避難者を受け入れます。
・9:45頃に、茨城県防災航空隊 防災ヘリコプター「つくば」による逃げ遅れ者を想定した救助訓練を実施します。

10:30~

11:40

日立市消防本部

拠点施設防災広場

【大規模災害事故対策訓練】

土砂崩れにより住宅と車両が埋没、さらに多重衝突事故が発生した想定で、実際の廃車両を並べ、土砂崩れを再現した会場で、消防と医療チームが連携し、多数傷病者対応訓練を実施します。

11:45

【総合防災訓練 終了式】

出展ブース(久慈中学校会場)の紹介

屋内会場
  • 東京ガスネットワーク株式会社様(マイコンメーター復旧操作、ガス管・パネルの展示)
  • NTT東日本様 (災害用伝言ダイヤル「171」の体験など)
  • 砂川産業株式会社様(蓄電池・アウトドア用品・防災グッズ等の展示)
  • 茨城キリスト教大学様(ポスター展示、リーフレットの配布など)
屋外会場
  • 茨城トヨタ自動車株式会社様(車中泊のデモ車両・ハイブリッドカーによる給電デモの展示、防災ブックの進呈)
  • NTT東日本様(ポータブル衛星車の展示)
  • 東京電力パワーグリッド株式会社様 (EV自動車からの給電デモ、防犯カメラの展示など)
  • 自衛隊勝田駐屯地施設学校様(偵察ボート、炊事車、水トレーラ、人命救助システムの展示)
  • 南部消防署(車両展示、煙道体験、AED体験など)
  • 日立市企業局(給水タンク、マンホールトイレ展示)

協力団体の紹介

水戸地方気象台(久慈中学校会場)

 久慈中学校会場において、10:30から「気象情報や自然災害への備え」に関する防災講座を実施いただきます。

日立市建設業協会

大規模災害事故対策訓練において、土砂崩れを再現した訓練会場の設営にご協力いただいています。 

参加団体

日立市、久慈学区コミュニティ推進会、坂下地区コミュニティ推進会、日立市地域医療協議会(日立市医師会、消防、警察等)、茨城県防災航空隊、茨城県日立警察署


津波防災講演会(主催:日立市・茨城県・水戸地方気象台)

 東日本大震災の経験とその教訓を後世に語り継ぐことを目的に、日立市と茨城県及び水戸地方気象台が共同開催により津波防災講演会を実施します。

日時

 令和4年11月4日((金)) 午後1時~午後3時

会場

 日立シビックセンター 音楽ホ ール(日立市幸町1-21-1)

講演内容

【第一部】講演

 テーマ「東日本大震災の津波体験談について」

 【講師】日立埠頭株式会社 総務本部 総務部 部長 志智 俊郎 様

【第二部】震災体験談

 「3.11 その時私たち女性防火クラブは」

 大みかコミュニティ女性防火クラブ 会長 橋本 弘子 様

 「震災から得た教訓と備え」

 久慈学区コミュニティ推進会 会長 石川 善憲 様 

【第三部】文献の朗読

 「稲むらの火」、「つなみについて」の朗読 

 フリーアナウンサー 大澤 幸子様(茨城プロダクション-IBAPRO-)

【その他】

東日本大震災パネル展示、非常食配布など 

参加方法

 茨城県防災・危機管理課で申し込みを受け付けています。(定員有り)

 いばらき電子申請・届出サービス(https://s-kantan.jp/pref-ibaraki-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=26121)からお申し込みください。

主催

 日立市・茨城県・水戸地方気象台

カレンダー

開催日情報をカレンダー形式で掲載しています。カレンダーの終了位置へ移動する

イベント開催日

  1. 2022年11月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      
                 

この記事についてのお問い合わせ

総務部防災対策課

0294-22-3111(内線 337 340 577)
050-5528-5046
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-21-7000
bousai@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎4階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。