トップページ| 市民の方へ| 事業者の方へ| 観光・イベント案内| 市政情報


妊娠・出産| 育児・子育て| 入園・入学| 就職・退職
結婚・離婚| 引越・生活| 福祉・介護| 死亡・相続

ホーム> 市民の方へ>補助金・助成金>教育>(令和4年分の受付は令和5年1月予定)日立市の奨学金返還支援補助について

(令和4年分の受付は令和5年1月予定)日立市の奨学金返還支援補助について

最終更新日:令和4年5月20日(金曜日)
ページID:P094844


大学等卒業後の『日立市での暮らし』を応援します!

 日立市では、対象となる奨学金を利用して大学等(大学、短大、大学院又は専門学校)を卒業後、市内に定住するなどの要件を満たす方に、奨学金返還金を最長10年間、最大全額を補助する制度があります!ぜひ御活用ください!(令和3年度から対象となる奨学金を拡充しました!)

補助の対象となる奨学金

・日立市奨学金 
 ふるさと定住促進補助制度は平成29年4月1日以降に返還を開始した方が対象となります。
 医療・介護・福祉職就業支援補助制度は平成31年4月1日以降に返還を開始した方が対象となります。

・日本学生支援機構貸与奨学金(第一種)
 令和3年4月1日以降に奨学金の返還を開始した方が対象となります。
  ※令和3年3月31日以前からすでに奨学金の返還を開始している方は、補助の対象外となりますのでご注意ください。

・茨城県奨学資金
 令和3年4月1日以降に奨学金の返還を開始した方が対象となります。
 ※令和3年3月31日以前からすでに奨学金の返還を開始している方は、補助の対象外となりますのでご注意ください。 

奨学金返還支援補助制度について(以下の2つの制度は併せて受給できます。最大全額補助!!)

 1.奨学生ふるさと定住促進補助

【補助の要件】次の要件を全て満たす方

1 基準日(1月1日)まで継続して1か月以上日立市に居住すること(日立市に住民登録していること)

2 基準日(1月1日)において奨学金の返還金及び市税を滞納していないこと

3 奨学金の貸与開始時に40歳未満であること

4 他の制度による奨学金返還に関する支援を受けていないこと

【補助基準】

毎年1月1日を基準日とし、その前年の奨学金返還金を対象とします。(返還開始から最大10年間の補助)

【年度途中に、他市町村から日立市内に転入した場合】
  転入から基準日までの月数に応じた額を補助します。
   (月の初日以外の日に転入したかたは翌月分から)

【年度途中に、日立市内から他市町村へ転出した場合】
  基準日に、日立市に居住していないため、補助対象外となります。

2.奨学生医療・介護・福祉職就業支援補助

【補助対象者】次の要件を全て満たす方

1 奨学生ふるさと定住促進補助制度の支給要件を満たすこと

2 医療・介護・福祉職の国家資格を取得していること

3 医療・介護・福祉関係の国家資格の有資格者として、市内の事業所に就業していること(社会保険に加入していること)

4 他の制度による奨学金返還に関する支援を受けていないこと

【補助基準】

毎年1月1日を基準日とし、その前年の奨学金返還金を対象とします。(返還開始から最大10年間の補助)

【年度途中に、市内の事業所に就業した場合】
  就業日から、1か月以上市内の事業所に就業した期間の月数に応じて補助します。
   (月の初日以外に就業した場合は、翌月から起算)

【年度途中に、市内の事業所を退職した場合】
  月の末日以外に退職した場合は、退職した日の属する月の前月までが補助対象期間となります。

※ 居住地の基準については、奨学生ふるさと定住促進補助と同様の考え方です。

奨学金返還支援補助の申請について

【基準日】

令和5年1月1日

【申請書類】

1 奨学生ふるさと定住促進補助

(1) 日立市奨学生ふるさと定住促進補助金交付申請書兼請求書

(2) 大学等の卒業証明書など、その他必要な添付書類(日立市奨学金返還者の方は不要です。)

  (添付書類等の詳細は、掲載の「申請書の添付書類について」をご確認ください。)
  ※ 期限厳守。万が一、申請締切日までに添付書類が揃わない場合は、別途ご相談ください。

2 奨学生医療・介護・福祉職就業支援補助

(1) 日立市奨学生医療・介護・福祉職就業支援補助金交付申請書兼請求書

(2) 就労証明書

(3) 医療・介護・福祉職の国家資格を有する証明書の写し(初回のみ)

  ※ 医療・介護・福祉職の例
     医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師、診療放射線技師、社会福祉士、介護福祉士、保育士など

【申請期間】

令和5年1月4日(水)から1月31日(火)まで(予定)

【申請方法】

12月頃に掲載します。

【申請先】

〒317-8601 

日立市助川町1-1-1

日立市教育委員会総務課(日立市役所3階)

【補助金額】

下記のうち、いずれか低い額を補助額とします。(142,100円を限度とします。)

1 補助対象期間に返還した額の50%に相当する額(返還計画に基づいた額であること)

※ 補助対象期間は、令和4年の1月から12月までになります。

2 借用金額の5%に相当する額

※ 日立市奨学金貸付条例で定める額により再計算して得られた額を限度とします。

 必ず補助金額シミュレータで決定額(見込)を確認の上、申請書兼請求書に金額をご記入ください。
※ Microsoft Excelが利用できる環境でご利用ください。(パソコンでの利用を推奨)

申請から支給までの流れ(令和4年度返還開始者の場合)

1 対象の奨学金を利用して大学等を卒業(令和4年3月)

2 卒業後、奨学金の返還計画に基づき、貸与を受けた機関へ返還を開始(令和4年4月〜)

3 補助金の交付申請(令和5年1月4日〜1月31日) 
※ 令和4年4月〜12月に返還した金額が補助対象です。

4 申請内容を審査し、支給決定者に決定通知を送付(令和5年2月)

5 決定した補助金額を指定の口座に振込(令和5年3月)

以降10年間、申請する前年の奨学金返還額に応じた補助金を支給します。(毎年申請が必要です。)

市内の求人情報        

「日立市には戻りたいけど、どんな仕事があるのか分からない?」というとき

1 ハローワーク・インターネットサービスを御活用ください。

  https://www.hellowork.mhlw.go.jp

※ 求人情報検索では、求人情報を『新卒・既卒求人』を選択し、 詳細条件検索では、都道府県/市区町村名を『茨城県日立市』に指定してください。

2   日立新卒応援ハローワークブランチ(ハローワーク日立2階)に御相談ください。

〒317-0063
茨城県日立市若葉町2丁目6番2号
電話:0294-21-6441(42#) FAX:0294-23-3420

関連リンク

・日立市教育委員会ホームページ(日立市奨学金、応募者募集情報)(新しいウインドウが開きます)

・日本学生支援機構ホームページ(新しいウインドウが開きます)

・茨城県の奨学金情報(新しいウインドウが開きます)

問合せ先

1  奨学金、ふるさと定住促進補助について

日立市教育委員会総務課

〒317-8601 日立市助川町1-1-1

電話 0294-22-3111(内線673)

E-mail kyoiku-somu@city.hitachi.lg.jp

2 医療・介護・福祉職就業支援補助について

日立市保健福祉部地域医療対策課

〒317-0065 日立市助川町1-15-15

電話 0294-23-6766

E-mail iryou@city.hitachi.lg.jp


この記事についてのお問い合わせ先
教育委員会総務課
電話:0294-22-3111(内線 672 673) FAX番号:0294-21-7740 メール:kyoiku-somu@city.hitachi.lg.jp

▲ページの上部に戻る


日立市役所
〒317-8601 茨城県日立市助川町1丁目1-1
TEL 0294-22-3111(代表)
日立市役所の案内

Copyright c 2003-2013 HITACHI CITY. All rights reserved.