トップページ| 市民の方へ| 事業者の方へ| 観光・イベント案内| 市政情報


妊娠・出産| 育児・子育て| 入園・入学| 就職・退職
結婚・離婚| 引越・生活| 福祉・介護| 死亡・相続

ホーム> もしもの時、困った時>防災・消防>防災>東海第二発電所から5キロメートル圏内(PAZ)の学校等に安定ヨウ素剤を備蓄しました

東海第二発電所から5キロメートル圏内(PAZ)の学校等に安定ヨウ素剤を備蓄しました

最終更新日:令和3年12月23日(木曜日)
ページID:P102090


 <目的>

 原子力事故が発災した時に、児童生徒の保護者引渡しが出来ず学校に留め置かれた場合、年齢が低いほど放射性ヨウ素による甲状腺の内部被ばくの影響が大きいことから、安定ヨウ素剤を服用した上で安全に避難できる体制を整える。

 <対象となる学校等>

 東海第二原子力発電所から5キロ圏内(PAZ)に所在する小・中学校、幼稚園、保育園、高等学校、大学等

 配備場所は下記のとおり

保育園             みずき保育園、くじ保育園、南高野保育園           

幼稚園

もみや幼稚園、三つ葉幼稚園
認可外 回春荘病院保育園 
小学校 大みか小学校、久慈小学校、坂本小学校、東小沢小学校、久慈川三育小学校   
中学校 久慈中学校、坂本中学校
高等学校 日立商業高等学校  
大学等 茨城キリスト教学園(認定こども園、中学校、高等学校を含む)

※ 上記のほか、市役所及び保健センターに安定ヨウ素剤の備蓄を行っております。

<安定ヨウ素剤>

〇丸剤

 対象 13歳以上

〇ゼリー剤

  対象 16.3mg ・・・新生児

     32.5mg ・・・生後1か月から3歳未満

※ゼリー剤の備蓄は保育園及び認定こども園のみ


この記事についてのお問い合わせ先
総務部防災対策課
電話:0294-22-3111(内線 337 340 577) FAX番号:0294-21-7000 メール:bousai@city.hitachi.lg.jp

▲ページの上部に戻る


日立市役所
〒317-8601 茨城県日立市助川町1丁目1-1
TEL 0294-22-3111(代表)
日立市役所の案内

Copyright c 2003-2013 HITACHI CITY. All rights reserved.