トップページ| 市民の方へ| 事業者の方へ| 観光・イベント案内| 市政情報


妊娠・出産| 育児・子育て| 入園・入学| 就職・退職
結婚・離婚| 引越・生活| 福祉・介護| 死亡・相続

ホーム> よくある質問>市民の方へ>市税>住民税(個人)>(市・県民税)年金からの天引き額が10月から急に上がったのはなぜですか。

(市・県民税)年金からの天引き額が10月から急に上がったのはなぜですか。

最終更新日:令和3年9月21日(火曜日)
ページID:P031614


年金特別徴収額の計算方法が影響しています。

公的年金からの特別徴収では、4月、6月、8月は仮徴収として前年度の年金特別徴収税額の2分の1の金額を徴収しています。
その後、10月、12月、翌年2月の特別徴収で、確定した年金特別徴収税額を精算する形で徴収額が決定されます。

そのため、8月までの仮徴収の合計金額が年金特別徴収税額の2分の1よりも少ない場合、10月以降の徴収額が増えることになります。
逆に仮徴収の合計金額が年税額の2分の1よりも多い場合は、10月以降の徴収額が少なくなります。

【例】

前年度の年金特別徴収税額120,000円

120,000円÷2=60,000円…仮徴収税額の合計

60,000円÷3=20,000円…各月の仮徴収税額

4月 6月 8月
20,000円 20,000円 20,000円

今年度の年金特別徴収税額150,000円

既に決定している仮徴収税額を差引きます。

150,000円−60,000=90,000円…本徴収税額の合計

90,000円÷3=30,000円…各月の本徴収税額

10月 12月 翌年2月
30,000円 30,000円 30,000円

この記事についてのお問い合わせ先
財政部市民税課
電話:0294-22-3111 FAX番号:0294-25-1123 メール:minzei@city.hitachi.lg.jp

▲ページの上部に戻る


日立市役所
〒317-8601 茨城県日立市助川町1丁目1-1
TEL 0294-22-3111(代表)
日立市役所の案内

Copyright c 2003-2013 HITACHI CITY. All rights reserved.