行事・展示・イベント

新型コロナウィルス感染症対策に係る日立市立図書館の対応について、お知らせします。

図書館システムのメインテナンス作業のため、資料の検索や貸出延長、予約などができません。

日立市立図書館では、交流センターに本を配置しています。

配置されている交流センターでは、「本の貸出し」や「リクエスト予約の受付(一部の交流センター)」を

行っています。

昔話「たべられたやまんば」「したきりすずめ」や、小さいお子さん向けの「こねこのしろちゃん」「くれよんさんのけんか」など、普通より大型の紙芝居を御寄贈いただきました。ありがとうございました。

「日立ライオンズクラブ」から中古眼鏡回収活動のお礼に図書館に本の寄贈を頂きました。

多賀図書館では、図書館で借りた本を殺菌・消毒できる「図書消毒機」を、1階子ども図書室入口に設置しました。

日立市立図書館ビブリオバトル、平成最初で最後のグランドチャンプ本が決まりました!

平成30年11月24日(土曜日)移動図書館「たかすず号」日立スターライトイルミネーションクリスマス・マルシェに参加し、本の貸出し、野外クリスマスおはなし会を開催しました。そのときの様子をご紹介します。

平成30年10月28日(日曜日)移動図書館「たかすず号」は、百年塾&日立市子どもまつりに参加し、本の貸出し、野外おはなし会を開催しました。その時の様子をご紹介します。

移動図書館たかすず号は、昭和41年から運行を開始し、平成30年で53年目に入ります。
 現在、茨城県内の移動図書館車を運行している市町村は、3市(日立市・つくば市・小美玉市)のみとなりました。 
 日立市では、現在4代目の移動図書館車を運行し、市民に愛され利用さています。 
 では、当市の移動図書館車『たかすず号のあゆみ』を紹介します。

 ビブリオバトルは、子どもから大人まで楽しめる、“本の紹介コミニュケーションゲーム“です。この取り組みは、読書の楽しさを通して人と人をつなぐ街つくりや、学校での読書活動の充実に役立つものと考えております。

図書館では、児童向けの絵本、一般の方向けの外国語の書籍を所蔵しております。

南部図書館は平成25年4月24日に開館し、今年で6年目を迎え、10月10日で入館者100万人を達成しました。

日立鉱山を中心に、郷土の特色がわかる本を展示・貸出します。

乳幼児の親子が気軽に交流できる遊びの広場です。お子さんを連れて、気軽にご利用ください。保育士が常駐しています。

ページの上部に戻る