• ホーム>
  • 学校再編 >
  • 「学校再編計画 素案」へのご質問にお答えします。【令和2年10月】
ページID
P089378

令和2年10月8日(木曜日)

ページID
P089378

「学校再編計画 素案」へのご質問にお答えします。【令和2年10月】

令和2年10月8日(木曜日)

 現在、「学校再編計画 素案」へのご意見を募集しています。(募集の詳細)
 これまでに寄せられたご質問の中で、特に多かったものについて、回答いたします。(回答を一覧でご覧になる場合はこちら)
 また、オープンハウス型の説明会を開催しています。会場では、係員がご質問にお答えしています。託児スペースもありますので、小さなお子様連れでも安心してお越しいただけます。(会場と日程はこちら)

統合の時期

 パンフレット3ページ「再編の全体スケジュール」表の矢印は、統合に向けた準備期間を表したものです。矢印の始点(「」)から統合に関する準備を始め、矢印の終点(「 →」)で終了、翌年の4月に新校(統合校)の開設、通学開始となります。
 この統合準備期間は、おおむね5年間としています。準備の進み具合によっては、早まったり遅れたりすることもあります。この期間に、新しい学校の校名、校歌、制服、PTA活動などについて協議をしたり、統合となる学校の児童生徒の事前交流なども進めます。
 また、校舎の整備が必要となる場合は、並行して、この期間内に校舎整備を進めます。
 (「素案」本編23ページ「【全体の再編スケジュール】」を参照 「学校再編計画 素案」)

通学の安全

 本市では、これまでも、「日立市通学路交通安全プログラム」に基づく通学路の点検を行い、安全対策を講じてきました。
 「日立市通学路交通安全プログラム」では、次のような仕組みで通学路上の危険個所に対策を講じています。
 (1) 保護者や地域の皆さんから、通学路上の危険個所の情報を、学校を経由して市教委に提供していただきます。
 (2) 提供された情報を基に、市教委、学校、警察、道路管理者等で現地確認を行い、対策を協議・実施します。(道路管理者:国道は国土交通省、県道は茨城県、市道は日立市)
 これまで、700箇所以上で対策をしました。
 ・安全ポールの設置 ・グリーンベルトの敷設 ・歩道橋の設置場所の変更 ・防犯灯の設置
 ・信号のタイミング改善 など
 統合後の通学路についても、この仕組みを活用し、安全対策を講じます。
 (「素案」本編19ページ「(3) 通学時の安全等」を参照 「学校再編計画 素案」)

スクールバスの運行

 「素案」では、徒歩や自転車での自力通学が可能な範囲での再編を計画しています。また、本市の道路事情や運転手不足の状況などからもスクールバスの運行は予定していません。
 本市としても、安全に登下校できることは最も大切なことと考えています。再編によって一定以上に通学距離が延伸する、坂道が多い、交通量が多い道路や危険箇所と思われる場所を通学路として指定せざるを得ないなど、安全な登下校に危険や支障あると考えられる場合は、路線バスの利用を検討します。利用に当たっては、統合準備委員会やバス事業者との協議を踏まえて決定します。
 なお、運賃などの経済的な負担については、市の助成制度を検討します。
(「素案」本編19ページ「(3) 通学時の安全等」を参照 「学校再編計画 素案」)

自転車の利用

 中学生の自転車通学は、その必要性が認められれば、安全性を確認した上で学校長が許可しています。
 統合した場合でも、各学校の基準に従い、通学経路の安全性を確認した上で学校長が許可します。
 (「素案」本編19ページ「(3) 通学時の安全等」を参照 「学校再編計画 素案」)

入学する学校の変更(指定学校の変更)

 本市では、住所によって通う小・中学校を指定する学区制を採用しています。従って、将来、統合されることが決まっている場合であっても、現住所で指定される学校に通うことになります。
 例えば、A校とB校の統合後の場所がA校となることが決まっている場合に、B校学区に住んでいるお子さんが、統合を理由に予めA校に通うことはできません。

全学年で移行

 統合する場合は、全ての学年で新校に移行します。
 仮に、新1年生から順次、統合後の学校に通学することになると、統合前の学校では、年ごとに人数が減り、授業や学校行事などに支障が出るほか、最終的には6年生のみで卒業や閉校を迎えることになってしまいます。
 統合準備期間中に事前交流や学級担任の異動の配慮などを行い、統合の前年まで、それぞれの学校で楽しく学校生活が送れるように取組を進めます。
 (「素案」本編19ページ「(4) 児童生徒への配慮」を参照 「学校再編計画 素案」)

小中一貫教育

 本市が取り組もうとする小中一貫教育は、独立した小・中学校の連携をさらに強め、9年間を見通し、一貫したカリキュラムにより児童生徒の成長を支えようとするもので、学校が独立していることの良い点を生かすもの(施設分離型小中一貫教育)です。
 同じ校舎の中で小学生と中学生が生活する施設一体型の、いわゆる小中一貫校ではありません。施設一体型小中一貫校の設置には広い敷地が必要になるため、設置できる要件を満たす場合は、設置を検討します。
 ・本市の小中一貫教育では、学年の区切りもこれまでと同じ6-3制となり、小・中学校それぞれに入学式や卒業式を行います。
 ・ICTの活用により、物理的距離の影響なく小中連携の強化を図ります。
 ・県立や私立の中高一貫校のように、次の学校への進学が固定化されるものではなく、小学校卒業後に県立中高一貫校や私立中学校に進学することも可能です。

 学校の再編では、小・中学校と家庭・地域が、中学校卒業後の目指す子ども像を共有し、連携し易くするための形づくりとして、分散進学を解消し、小・中学校のグループ化を進めます。(分散進学:1つの小学校から複数の中学校に進学すること。)
 (「素案」本編13ページ「2 一人一人の成長を支えるための学校再編」を参照 「学校再編計画 素案」)

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
教育委員会学校再編課
代表電話番号
0294-22-3111(内線 645 644)
ファクス番号
0294-21-7740
メール
メールフォーム

ページの上部に戻る