ページID
P096691

令和3年7月15日(木曜日)

ページID
P096691

今月の特色のある献立『ロシア料理』

令和3年7月15日(木曜日)

マトリョーシカ

日立市では、ロシア女子バレーボールチームの東京2020オリンピック事前キャンプが予定されていたことから、6月に続いて7月も、給食でロシア料理が登場します。

今月の特色のある献立(ロシア料理)

7/15給食

バターロール、牛乳、ジャルコーエ、クラボヴィーサラト、スープ イズ ラソーシャ

ジャルコーエ、クラボヴィーサラトクラボヴィーサラト、ジャルコーエ

スープ イズ ラソーシャスープ イズ ラソーシャ

給食レシピ紹介『ジャルコーエ』

夏野菜が入ったロシア定番蒸し焼き料理です。

ジャルコーエとクラボヴィーサラト(右) ジャルコーエ (左はクラボヴィーサラト)

【材料-4人分-】

・牛肉(角切) 100g ・たまねぎ 半分 ・トマト 1個 ・ズッキーニ 半分 ・ピーマン 1個 ・赤ピーマン 半分 ・にんにく(おろし) 1かけ ・サラダ油 適量 ・塩・こしょう 少々 ・バジル 少々 ・ブイヨン 50cc

【作り方】

  1. トマトはくし形、たまねぎは5mm程度にスライス、ピーマン・赤ピーマンは種をとり5mmの輪切り、ズッキーニも5mm程度の輪切りにする。
  2. なべに油をしき、牛肉を炒めて火が通ったら、1.の野菜と塩、こしょう、ブイヨンを加えて混ぜ、ふたをして20分ほど蒸し焼きにする。
  3. おろしにんにくとハーブを加えてよく混ぜたら完成。

※なす、さやいんげん、じゃがいもなどを入れてもおいしいですよ。

ロシア料理について

季節にあわせた食材に、塩、こしょう、ひまわり油、ハーブ、サワークリームなどを使って調理するのが、ロシア料理です。

ビーツ(赤いかぶのような野菜)を使った料理や、キャベツの漬け物、魚の塩漬けを使った料理などなど。スープ料理も多く、マヨネーズを使ったサラダも多くあります。

大きなかぶ

今月の給食で登場するのは、日本で手に入りやすい食材を使った、日本人にも食べやすい料理です。

「ジャルコーエ」は、夏野菜と牛肉を煮込んだ、シンプルな味つけの家庭料理です。

「クラボヴィーサラト」は、カニカマを使ったロシアで人気のサラダです。

「スープイズ ラソーシャ」は鮭が入った野菜スープです。

日本の味付けとは一味ちがう、ロシア料理を味わってください。

コサックダンス

※今回ご紹介した給食は、本日、北部調理場Aブロックの小学校(田尻小・日高小・豊浦小・櫛形小・山部小)及び中学校(日高中・豊浦中・十王中)で提供しました。そのほかの学校は、別の日に提供します。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
教育委員会北部学校給食共同調理場
代表電話番号
0294-42-0151
ファクス番号
0294-42-0155
メール
メールフォーム

ページの上部に戻る