ページID
P081200

令和元年12月16日(月曜日)

ページID
P081200

令和2年度日立市奨学生募集のお知らせ

令和元年12月16日(月曜日)

日立市奨学生を募集します

今春、大学や高校に進学を決定又は予定している方を対象に、日立市奨学生を募集します。
願書等の必要書類は、各中学校・高校にありますので、学校に相談して申込みをしてください。

1 申込期間

令和2年2月3日(月曜日)から2月28日(金曜日)まで
(郵送の場合は、2月28日(金曜日)の消印有効)

2 対象

申し込みできる方は、次のすべての要件に当てはまる方です。

  • 保護者が1年以上市内に住んでいること。
  • 保証人が市内に住んでいること。
  • 日立市奨学金以外の奨学金を受けないこと。 (給付型奨学金を除く。)
  • 父母などの家計を支えている方全員の収入、本人の学業成績が教育委員会の定める基準に適合すること。

3 募集人数

高校(高等専門学校、専修学校の高等課程を含む。)6人
大学(短期大学、専門職大学、専門職短期大学、専修学校の専門課程を含む。)30人

4 貸付額

  • 修学資金 月額13,000円から54,000円
  • 入学準備金 30,000円以内から250,000円以内

学校種別、国公立・私立の別、自宅通学・自宅外通学の別により、貸付額が異なります。
また、入学準備金は、希望する方にのみ貸付けします。

貸付額
区分 修学資金(月額) 入学準備金(一時金)
高等学校・
高等専門学校・
専修学校高等課程
国・公立 13,000円
(18,000円)
30,000円以内
私立 25,000円  
(30,000円)
100,000円以内

大学・
専門職大学 

国・公立 35,000円
(41,000円)
90,000円以内
私立 44,000円
(54,000円)
250,000円以内

短期大学・
専門職短期大学・
専修学校専門課程

国・公立 35,000円
(41,000円)
90,000円以内
私立 43,000円
(50,000円)
200,000円以内

 ※( )は自宅外通学のかたの額です。

5 利子

無利子

6 返還期間

卒業の翌年から10年以内(進学する場合は、猶予する制度があります。)
(注意)日立市の奨学金は、卒業生の返還金で運用されています。返還の際は、滞納のないように確実に返還してください。

7 返還補助制度

(1)日立市奨学生ふるさと定住促進補助金

 日立市奨学金を利用して大学等(大学、短期大学、専門職大学、専門職短期大学、専修学校専門課程)を卒業した方が、Uターン等で日立市内に居住した場合に、奨学金返還金の2分の1相当額を交付する補助制度があります。

卒業後は、「暮らしと仕事がちょうどイイ!」ふるさと日立を、みんなの力で盛り上げましょう!

詳しくはリンク先『日立市奨学生ふるさと定住促進補助金』のお知らせをご覧ください。

(2)日立市奨学生医療・介護・福祉職就業支援補助制度

 日立市奨学金を利用して大学等を卒業した方が、日立市内に居住し、医療・介護・福祉関係の国家資格を取得し、取得した資格を活かして市内の事業所に就業した場合、奨学金返還金の2分の1相当額を交付する補助制度があります。

※ 対象者は、日立市ふるさと定住促進補助金の対象者と重なるので、あわせて最大約284万円全額補助となります。

 詳しくはリンク先『日立市奨学生医療・介護・福祉職就業支援補助制度』のお知らせをご覧ください。

(日立市奨学生医療・介護・福祉職就業支援補助制度の詳細は、健康づくり推進課(0294-21-3300)までお問い合わせください。)

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
教育委員会総務課
代表電話番号
0294-22-3111(内線 672 673)
ファクス番号
0294-21-7740
メール
メールフォーム

ページの上部に戻る