ページID
P010518

令和元年5月23日(木曜日)

ページID
P010518

教育研究所の紹介

令和元年5月23日(木曜日)

教育研究所の運営方針・主な事業

1 運営方針

日立市の学校教育の充実・発展に寄与するため、教育課題についての先導的・実践的な調査研究、教職員の資質向上のための研修、教育相談、教育情報の収集・提供等を行う。

2 主な事業

  • 学校教育に関する専門的・技術的な事項の調査研究
  • 教育専門職としての資質向上のための教員研修
  • 幼児・児童生徒支援のための教育相談
  • 教育情報の収集・提供

 研究報告書の写真教職員研修の様子
    調査研究事業           教職員研修事業 

      こども発達相談センターについての画像リーフレット理解と支援が必要な子どもたちがいます

        教育相談事業          教育情報の収集・提供事業
 

                                              

教育研究所の概要

教育研究所の事業概要については、以下のファイルをご覧ください。事業概要について詳しく説明しております。

教育研究所事業概要(PDF形式 548キロバイト)

教育研究所の沿革

日立市教育研究所は、昭和44年に開所いたしました。
以来、新しい教育の流れを見据え、本市教育の振興及び教職員の資質・指導力の向上を図るため、調査研究、教職員研修、教育相談、特別支援教育の相談体制づくり等の事業の推進と充実を図り、その成果を学校に還元し、子どもたちの成長に役立てることを目指して各種事業を推進しております。

教育研究所の沿革について
年度 備考 教育相談員人数
昭和44年 大雄院小学校内に教育研究所を開所(開所式6月30日)
所長、専任研究主事3名
昭和53年 非常勤職員4名採用(出日日当) 4
昭和54年 教育研究所を会瀬小学校に移転 4
昭和56年 教育研究所を教育会館に移転 4
昭和57年 小学校訪問(5校)開始 4
昭和61年 中学校訪問(3校)開始 6
平成元年 青少年センター相談員 合併
中学校全校訪問(14校)開始、小学校訪問7校
9
平成4年 教育相談出張所「さくらのへや」シビックセンター内に開設 15
平成5年 適応指導教室「ちゃれんじくらぶ」勤労青少年ホーム内に開設 17
平成6年 適応指導教室「ちゃれんじくらぶ」産業文化会館内に移転 17
平成10年 小学校全校訪問(23校)開始 18
平成12年 青少年ホームの相談員を整理統合 19
平成13年 不登校対策支援事業開始 相談員2名増 20
平成16年 十王町との合併(11月1日)に伴い1名増員 20
平成17年 適応指導教室「ちゃれんじくらぶ」を青少年ホームに移転 21
平成18年 特別教育相談員(反社会対応)2名増員
教育研究所を教育プラザに移転(9月)
23
平成19年 悩みごと相談(青少年課) 1名増員 24
平成22年 教育プラザ内に「こども発達相談センター」開設(相談員6名) 24
平成23年 特別教育相談員2名は指導課へ異動
こども発達相談センター相談員2名増員
24
平成24年 適応指導教室「ちゃれんじくらぶ」が教育会館内へ移転(4月)
こども発達相談センターで小集団指導「なかよし教室」を開設
24
平成25年 小集団指導支援員導入によるなかよし教室の定員増加
心理検査員導入による学校訪問検査の実施
24
平成26年 幼稚園教員参加による小集団指導実践研修を実施 24
平成27年 こども発達相談センター相談員を子どもセンターの教育相談
に派遣
24
平成28年 多賀図書館(旧教育会館)で実施してきた小集団活動「なか
よし教室」を子どもセンターで実施
24
平成29年 教育研究所を市役所新庁舎に移転(7月) 24
平成30年 適応指導教室「ちゃれんじくらぶ日立教室」を教育プラザに開設(4月)
適応指導教室「ちゃれんじくらぶ日立教室」開設に伴い教育相談員2名増員
26

ファイルダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
教育委員会教育研究所
代表電話番号
0294-22-3111
ファクス番号
0294-22-0465
メール
メールフォーム

ページの上部に戻る