Loading

地震発生時の対応について

1 授業中

安全確保

  • 教室では、落下物から身を守る。
    • 頭部を守る。机の下にもぐる。机の脚を持つ。(揺れが収まるまで)
  • 廊下や階段では、できるだけ中央に身を寄せる。
  • 体育館では、中央に避難
  • 運動場では、校舎から離れ、中央に避難

避難誘導

  • 放送や担任の先生の話をよく聞く。
    • 「おさない」「はしらない」「しゃべらない」「もどらない」を指示
  • 荷物を持たずに上履きのまま行動する。
  • 安全な場所への避難指示(運動場中央)
  • 児童の人員を確認し、取り残されている児童の所在に十分留意する。
  • 児童の不安緩和に努める。

下校確認

  • 保護者に連絡が取れない場合の下校を確認する。基本的には、学校待機させる。

震度5以下のとき

 安全を確保し、教師の引率で集団一斉下校する。

目安とする教師引率場所

  • いぶき台・関平・池の端方面:いぶき台団地入口まで
  • 伊師本郷・市営十王台団地・伊師浜:伊師浜信号(国道6号線)まで
  • 伊師本郷・伊師町方面:一里塚まで
  • 駅前・友部東方面;十王駅まで
  • 城の丘:郵便局斜め前空き地(旧郵便局跡)まで
  • 友部下・切関方面:切関団地入口
  • 川上・友部・十王団地方面:上石入口・パノラマ公園入口まで
  • 大島・鹿島谷:大島入口信号まで

震度6以上のとき (補足)電話がつながりにくいと考えられる。

 学校に待機させ、保護者引き渡しする。

2 登下校時

安全確保

  • 危険と思われる場所には近付かない。
    • 古い建物や建設中の建物、傾いたブロック塀や石塀、自動販売機、ひび割れた道路、狭い道路、火災現場、倒れた電柱、垂れ下がった電線などに注意する。
    • 崖下、川岸、橋の上、ガス漏れ箇所などからは、速やかに遠ざかる。
  • 広い場所で揺れが収まるまで待機する。

学校から離れている場合

  • 近くに家がある場合は、学校に連絡してもらい、教職員が来るまでその場に待機する。
  • 家族がいる時間で自宅に近い場合は、自宅に帰る(戻る)。

自宅に帰った場合の安否確認について

  • 電話、災害用伝言ダイヤル171等を利用し、保護者は、安否情報を入れること。
  • 安否確認ができない場合は、教職員が通学路や自宅に出向いて確認する。

学校に近い場合

 危険箇所を避けて、学校に来る(戻る)。その後、保護者引き渡し

  • 混乱を避けるために、保護者から学校へのお問い合わせをしない。
  • 震度6以上の地震については、児童を保護者引き渡しとし、保護者が迎えに来るまで、学校預りとする。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
櫛形小学校
代表電話番号
0294-39-3220
ファクス番号
0294-39-4967
メールフォーム
メールフォーム

ページの先頭へ戻る

日立市立櫛形小学校

住所
〒319-1302 日立市十王町伊師本郷508番地
電話
0294-39-3220
FAX
0294-39-4967

本校の維持運営にあたり電源立地地域対策交付金を活用しています。