Loading

×
閉じる

ページID
P015094

平成29年5月12日(金曜日)

ページID
P015094

退職所得に係る市・県民税の特別徴収について

平成29年5月12日(金曜日)

退職所得に対する市・県民税については、退職手当等を支払う際に支払者(特別徴収義務者)が税額を計算し、退職手当等の支払金額からその市・県民税額を差し引いて納入(特別徴収)することとされています。

※退職手当等の支払いを受けるべき日(通常は退職日)の属する年の1月1日現在において退職者の住所が所在する市町村に納入します。

市・県民税の計算方法

1 .退職所得の金額を計算します。

退職所得の金額=(収入金額(退職金の額)-退職所得控除額)×1/2

※退職所得の金額は、千円未満の端数切り捨てです。
※勤続年数に1年未満の端数がある場合は、切り上げて1年とします。
※障害者になったことにより退職した場合には、収入金額からさらに100万円控除されます。
※平成25年1月1日以後に支払われるべき勤続年数5年以内の法人役員等(法人役員等とは、法人税法上の役員、国会議員、地方議会議員、国家公務員・地方公務員)の退職金については、上記計算式の1/2は適用されません。

退職所得控除額算出表

勤続年数 退職所得控除額
20年以下 40万円×勤続年数(80万円に満たないときは80万円)
20年超 800万円+70万円×(勤続年数-20年)

2 .市・県民税額(特別徴収税額)を計算します。

市・県民税額=(退職所得の金額×税率(市民税額6%、県民税4%))

※市・県民税額は、百円未満の端数切り捨てです。

納入の手続き

退職手当の支払者(特別徴収義務者)は、徴収(天引き)した月の翌月10日までに所要事項を記載した「市民税・県民税納入申告書」を市に提出するとともに、申告した税額を金融機関等に納入してください。

※個人事業主の方は、金融機関での納入に用いる納入済通知書の裏面に印刷されている納入申告書には記載せずに、別用紙となる納入申告書に個人番号を含めて必要事項を記載の上、金融機関等を経由せずに市に直接提出してください。

退職所得等の分離課税に係る納入申告書(ワード形式:34KB)

この記事についてのお問い合わせ

財政部市民税課市民税係

0294-22-3111(内線 235)
  • 市民税係  内線 235
  • 諸税係  内線 237
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-25-1123
minzei@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎2階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。