Loading

8月4日(火)学校便り8月号の巻頭言を掲載します

 本日は、学校便り8月号を発行しました。その巻頭言を掲載します。

////////////

 13年ぶりに8月の梅雨明けとなり、これから本格的な暑さに向かいますが、保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

------------

『深慮遠謀の時』

 修学旅行の中止、総合体育大会の中止、夏季休業日の短縮があり、今後も体育祭や桐葉祭について状況を見ながら検討を続けることになります。

 修学旅行の中止は、臨時の3年生の学年集会で、校長から直接伝えました。世の中の情勢から、予想はしていたと思われますが、喪失感は計り知れません。それでも、騒ぎ出すでもなく、整然と話に耳を傾け、内容を受け止めようとしている姿に涙が出ました。

 『全ての出会いを未来に活かす』のとおり、市、県、国の取組がどうであったか、さらには世界各国の取組はどうかを、中学生の目を通して考え、判断し、未来に活かしてほしいと願うばかりです。そのためにも、周囲の大人が正しい情報を選択し、考え、判断したことを話し、一緒に思考を深めてほしいとも考えます。

 いつになるか先は見えませんが、必ず収束し、様々な対策についてその是非が問われることでしょう。大袈裟かもしれませんが、人類が大きな犠牲を払い、命がけで挑む地球規模での学びです。今中学生である彼等が大人になったとき、その時代の子ども達に同じ思いをさせないために、しっかりと見極めてほしいと思います。大きな課題を次世代に残し、申し訳ない思いです。
------------

 『生徒たちの笑顔』のために、感染防止のための課題と向き合いながら、教育活動の充実に向け、焦らずに職員や関係機関と連携してまいります。皆様のご理解、ご協力のほど、今後ともよろしくお願いいたします。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
平沢中学校
代表電話番号
0294-22-4139
ファクス番号
0294-22-1546
メールフォーム
メールフォーム