×
閉じる

ページID
P030678

平成21年1月22日(木曜日)

ページID
P030678

(下水道)下水をきれいにしてくれる「活性汚泥」とは、どのようなものですか?

平成21年1月22日(木曜日)

各家庭から出た汚水(台所、洗濯、風呂、トイレなどの排水)は、下水管を通って下水処理場へ送られます。下水処理場では、活性汚泥法という方法で汚水が処理され、きれいな水に生まれ変わり、自然へと帰されます。下水処理に使われる活性汚泥とは、細菌、原生動物、多細胞生物の後生動物などの微生物が集まってできているものですが、下水処理で最も活躍しているのが細菌です。
日立市で行っている標準活性汚泥法は、この活性汚泥と汚水を混ぜて空気を送り込み、水に溶けている栄養分(有機物)まで全部細菌に食べさせてしまい、お腹いっぱいの微生物を沈殿分離させ、きれいな水だけを川に流す下水処理の方法です。その際に沈殿したものを下水汚泥といいます。
下水汚泥は最終的には焼却などで処分され、セメント原料等に有効利用されます。

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

上下水道部浄化センター

0294-35-3222
050-5528-5165
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-35-3220
kigyo-joka@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市東成沢町2-16-1

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。