×
閉じる

ページID
P030201

(水曜日)

ページID
P030201

(固定資産税・家屋)バリアフリー改修住宅の減額について知りたい

(水曜日)

 既存の住宅について、一定の要件を満たすバリアフリー改修工事を行った住宅は、翌年度分の固定資産税が減額されます。
 ただし、新築住宅等、その他の軽減措置を受けている住宅については対象外となります。
 なお、この軽減措置は1回限りの適用となります。

要件

1 次のいずれかのかたが居住する既存の住宅(賃貸住宅を除く)

  1. 65歳以上のかた
  2. 要介護又は要支援の認定を受けているかた
  3. 障がい者認定を受けているかた

2 次の工事で、補助金等を除く自己負担が50万円以上のもの

  1. 廊下の拡幅
  2. 階段の勾配の緩和
  3. 浴室の改良
  4. トイレの改良
  5. 手すりの取付け
  6. 床の段差の解消
  7. 引き戸への取替え
  8. 床表面の滑り止め化

工事の期間

 令和4年3月31日までに完了するもの

減額の範囲

 100平方メートル相当分に限り、3分の1減額(併用住宅は居住部分のみが対象となります)

申告の手続き

 「住宅バリアフリー改修に伴う固定資産税減額申告書」に必要事項をご記入の上、次の書類を添付して、改修後3ケ月以内に 資産税課 へ提出してください。

  • 地方税法施行規則附則第7条第9項第3号ロに規定する居宅安全改修工事が行われた旨を証する書類 
  • 補助金や給付金等を受けた場合は、そのことを確認できる書類の写し
  • バリアフリー改修に要した費用を証する書類(工事明細書の写し及び領収証の写し)
  • 工事箇所の写真

留意事項

  1. 現地調査による評価の見直し
    申告に基づき、現地調査した結果、改築などで現在の価格が適当でなくなった場合は、新たに評価を行い、課税標準額とします。
  2. 新築や耐震改修との重複減額は適用できませんが、省エネ改修との重複適用はできます。

ファイルダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

この記事についてのお問い合わせ

財政部資産税課

0294-22-3111
  • 土地係  内線 231 232 736
  • 償却資産担当  内線 385
  • 家屋係  内線 233 234
050-5528-5054 050-5528-5055
  • ※必ず「050」からダイヤルしてください。
0294-25-1123
sanzei@city.hitachi.lg.jp
茨城県日立市助川町1-1-1 本庁舎2階

ホームページからのお問い合わせ

各課へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

日立市役所

所在地
〒317-8601 茨城県日立市助川町 1-1-1
電話番号
0294-22-3111(代表)
IP電話
050-5528-5000(代表) ※必ず「050」からダイヤルしてください。
開庁時間
8時30分から17時15分まで
閉庁時間
土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
日立市役所の案内

※市民課、多賀支所、南部支所及び十王支所の窓口は、土日も開庁しています。
開庁の時間は、9時から12時と13時から17時です。